ネオジャパン、1000名以上向けにクラウドでグループウェアを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネオジャパン、1000名以上向けにクラウドでグループウェアを提供


掲載日:2013/05/09


News

 株式会社ネオジャパンは、1000ユーザ以上の大規模を対象にしたクラウドサービス「desknet’s クラウドエンタープライズサービス」の提供を開始した。価格は、初期費用が無料、1ユーザ月額400円。

 「desknet’s クラウドエンタープライズサービス」は、99.99996%の稼働率実績と専用環境を備えた、株式会社ビットアイルの「サーバオンデマンドNEXT」をサービス基盤に採用し、グループウェア「desknet’s NEO」を提供するサービスで、コストを意識せずに、安全で運用・管理が容易な国内のプライベートクラウド上で、ITサービスを手軽に利用したいという大規模ユーザのニーズに対応する。

 スケジュールやメール、ワークフロー、文書管理といった基本機能が強化されているほか、コミュニケーションを改革する社内ソーシャル機能や、災害時に備えた事業継続ポータルなど、様々な新機能を搭載した「desknet’s NEO」がクラウドで提供される。HTML5を全面採用したことで、PCに加え、タブレットやスマートフォンからでも使いやすいインターフェースを備えている。低価格で「desknet’s NEO」に搭載されている25のアプリケーションをすべて使用できる。

 SSLを利用した暗号化や、接続元IPアドレスに基づくアクセス制限、BASIC認証を利用した認証強化など、様々なセキュリティオプションが用意されていて、大規模でのビジネスに利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 初期費用無料、1ユーザ月額400円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)」 【ネオジャパン】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 P2NetEX(ピーツーネットイーエックス) 【ネットパイロティング】 クラウドグループウェア 「サイボウズ Office」 【サイボウズ】 intra-mart Accel Collaboration 【NTTデータ イントラマート】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
HTML5採用で、わかりやすく見やすいインターフェースを実現したグループウェア。全25の豊富なアプリケーションに加え、扱いやすいユーザ/組織管理機能、国際化対応も実装。 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 本部店舗間のコミュニケーション基盤の強化、店舗の作業負荷軽減を実現する多店舗・多拠点専用のSaaS版グループウェア。オンプレミス版も提供。 50000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。 システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046661


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ