Citrix、エンタプライズモビリティクラウドの最新レポートを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Citrix、エンタプライズモビリティクラウドの最新レポートを発表


掲載日:2013/05/09


News

 Citrixは、エンタプライズモビリティ市場の形成に影響する主な動向を明らかにする“エンタプライズモビリティクラウドレポート”を発表した。

 同レポートは2012年第4四半期版であり、エンタプライズモビリティをクラウドに導入したCitrixのユーザから得られたデータに基づく傾向分析であるとしている。

 同レポートによると、iOSは世界で販売された全携帯機器の58%を占めるモバイルプラットフォームである。Androidは世界市場でのシェアを2ポイント失い、Windows Mobileは全体の7%を維持しているという。

 Androidは、欧州、中東、アフリカで販売される端末の中で最も成長率の高いプラットフォームとなり、同地域での市場シェアは前四半期の11%から36%へと増大し、同地域でiOSのシェアは56%から43%へと減少し、Windows Mobileは2%から21%へと増加したと伝えている。

 また、iOSは、端末を利用する従業員と顧客が1対1対応となる小売業やレストラン業界などの垂直産業で最も利用されるプラットフォームだったという。Androidは、輸送業や公益事業などのモバイルフィールドサービス組織で利用される端末向けとして好まれ、Androidの最大の採用分野はヘルスケア(クラウドベースのエンタプライズモビリティを導入したホームヘルスケア関連組織)と輸送業の組織だったとしている。一方、iOSを最も採用したのは、法曹業界と保険業界と伝えている。

 アプリ管理の傾向としては、組織がアプリの利用禁止について厳しくなり、ブラックリスト化のポリシーを導入したユーザが前四半期から11%増の18%に達したという。一般的に、組織はデータやネットワークの安全への脅威になると思われるアプリをブラックリストに登録するとし、ゲームやSNSなど、生産性を損なうと見なされるアプリをブラックリストに登録する会社もあるという。ブラックリストに登録が多いアプリには、Angry Birds、Facebook、Dropbox、YouTubeなどが挙げられ、ホワイトリストに登録が多いアプリには、Evernote、NitroDesk TouchDown、Google Chrome、Adobe Readerがあるとし、Skypeは両リストのに入れられた唯一のアプリと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】 5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 【駅探】 事例で検証! Office 365 はコミュニケーション活性化の切り札か 【大塚商会/日本マイクロソフト】
無線LAN データセンター運用 データセンター運用 その他開発関連 グループウェア
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか? 6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵 5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 事例/ Office 365で変えていく。社内コミュニケーションの質と量
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046632



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ