矢野経済研究所、ERP市場動向に関する調査結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、ERP市場動向に関する調査結果を発表


掲載日:2013/05/09


News

 株式会社矢野経済研究所は、国内のERPパッケージ市場に関する調査を実施したと発表した。調査期間は2012年12月〜2013年3月、国内ERPパッケージベンダ23社を調査対象とし、同社専門研究員による直接面談の調査方法で実施したとしている。

 ERP(Enterprise Resource Planning)パッケージとは、基幹業務管理パッケージのことで、財務会計、人事給与、販売管理、生産管理など基幹業務データを統合する情報システムを構築するためのパッケージソフトウェア。

 調査結果によると、2012年のERPパッケージライセンス市場は1091億円(エンドユーザ渡し価格ベース)、前年比12.6%増となり、2ケタ増の成長を示した。同市場は、リーマンショックの影響で2009年にはいったん大きく落ち込み、その後も東日本大震災やタイの洪水の影響などもあり、2011年までは成長率は1ケタ台にとどまっていたとしている。2012年には停滞期から脱し、再び本格的な成長トレンドに入ったと考えているとし、老朽化したシステムのリプレイスや、事業の強化や業務プロセスの見直しを目的としたERPの新規導入などの案件が順調に増えており、市場は活性化しているという。

 また、2013年の同市場は1215億円(エンドユーザ渡し価格ベース)、前年比11.3%増と予測しているという。2013年は、景気が上向くことで企業の投資は活性化し、ERPへの投資も順調に増加すると見ているという。また、海外拠点でのERP導入ニーズは、当面同市場を牽引する要因となると伝えている。グローバル化した日系企業では、海外事業の強化やサプライチェーンの最適化のためにITを活用するという意識は高く、海外拠点へERPを導入したり、グローバル全体でERPを統合したりする動きが加速していると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

中堅・中小企業が選ぶべきERPは? 4つの課題から導く最適解 【日立システムズ】 8社の事例で解説、ERP導入による課題解決と経営メリット 【日立システムズ】 新人担当はどこまで知っておけばいい? ストレージ製品の実践的な提案方法 【ネットワールド】 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 【シマンテック】 ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」 【KYODOU】
ERP ERP ストレージ仮想化 認証 勤怠管理システム
中堅・中小企業が選ぶべきERPは? 4つの課題から導く最適解 8社の事例で解説、ERP導入による課題解決と経営メリット 新人担当はどこまで知っておけばいい? ストレージ製品の実践的な提案方法 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046631



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ