事例:流通サービス、バックアップ強化にネットワールドを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:流通サービス、バックアップ強化にネットワールドを採用


掲載日:2013/05/08


News

 株式会社ネットワールドは、株式会社流通サービスが、業務サーバ群のバックアップ環境の改善と、BCP(事業継続計画)の強化のため、ネットワールドが提供するEMC社の重複排除バックアップストレージ「EMC Data Domain」とSymantec社のバックアップソフトウェア「Symantec Backup Exec 2012」を導入し、本稼働を開始したことを発表した。システムの提案・構築は、ネットワールドのパートナーであるリコージャパン株式会社が行なったとしている。

 流通サービスは、業務へのIT活用を積極的に推進しており、約30台の業務サーババックアップをテープに取得し、本社の金庫で保管していたが、東日本大震災をきっかけにBCP強化が重要な経営課題となった。テープ媒体の劣化の可能性や、重要なデータのリカバリにも不安があり、サーバごとに週次または月次でフルバックアップを取得していたが、テープ交換などの手作業が発生して日々の運用管理も煩雑かつ非効率だった。そこで、「EMC Data Domain」と「Symantec Backup Exec」の組合せによるバックアップ環境の改善に踏み切ったとしている。

 新システムでは、ファイルサーバやコンテンツ暗号化サーバ、ウイルス対策サーバ、人事給与DBサーバなどのデータを、本社内に設置した「Data Domain DD160」にバックアップしているという。またBCP強化のため、もう1台の「Data Domain」を関西地区の拠点に設置して、遠隔レプリケーションを構築したとしている。

 「Data Domain」の重複排除機能により、総容量約12TBのバックアップ対象データが、「Data Domain」上では約700GB程度であり、関西拠点への転送容量も1日10〜15GB程度でネットワークへの影響もなく、バックアップ専用回線も不要だったという。

 また、以前は毎日1〜2時間程度の時間を要していたテープのハンドリング作業などが不要となり、本来の業務に集中できるようになったとしている。更に、「Data Domain」は「Backup Exec」との親和性が高く、複数サーバのバックアップを一元管理でき、誤消去ファイルの復旧やサーバのリストアなどもスピーディに行なえ、業務効率化を可能にしたと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 数分で仮想マシンをリカバリー、新機能でバックアップ製品を強化 【ベリタステクノロジーズ】 クラウド対応バックアップ製品で物理・仮想環境を一元管理 【ベリタステクノロジーズ】 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 【arcserve Japan】 4事例に学ぶ、リアルタイム分析を支えるDBレプリケーション 【クエスト・ソフトウェア】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 クラウド対応はもう当然? 進化したバックアップの機能に迫る 3ステップで簡単設定可能 バックアップ運用負荷を圧倒的に削減 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 デルも認めたレプリケーション技術 ダウンタイムを劇的に短縮できた秘訣

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046621


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ