BSP、クラウド版ITサービスマネジメントツールの新版をリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


BSP、クラウド版ITサービスマネジメントツールの新版をリリース


掲載日:2013/05/08


News

 株式会社ビーエスピー(BSP)は、クラウド版ITサービスマネジメントツール「LMIS on cloud」の新バージョン「Ver1.2」をリリースした。

 「LMIS」では、ITシステムの企画設計・開発・運用・改善というライフサイクルの全体最適を図る観点から、ユーザ個々の環境に適したITサービスマネジメントを行なえるようにし、変化に強いITサービスの構築を提供している。

 クラウド版の今回の新バージョンでは、従来以上に多くのユーザの利用を想定し、大規模運用からモバイルまで様々なシーンでの活用に対応するための機能追加と拡充が行なわれ、利便性が更に向上している。

 障害情報などの登録者や承認者に加え、エンドユーザ自身が「LMIS on cloud」にアクセスしてFAQやインシデントの状況を確認できるため、全社規模での活用と情報共有を行なえ、障害数・対応ステータスの可視化に加え、既知の問題であれば、エンドユーザ自身が確認して解決することで、サポート担当者の負荷軽減、業務の効率化を図れる。また、「LMIS on cloud」へのログイン不要で、メールで承認できるようになり、モバイルなどのツールを利用できる条件が整っていれば、ロケーションを問わず承認できる。

 ワークフローでの承認が、出張・外出などで止まりスムーズに流れないという課題に対して、指定した期間を超えた際には承認権限を他のユーザに委譲する機能が追加された。休暇や傷病などで承認者が不在の時も、承認者設定の変更不要で一時的に承認権限を委譲し、代理者が承認することで対応の遅延防止を図れる。

 障害の影響範囲やリリース対応状況をより直感的に確認できるように、プロセス間の紐付きや構成情報を俯瞰する関連情報エクスプローラの表示が改善されたほか、CSV出力にも対応し、データ加工やレポート作成などで活用できるようになった。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 システム部門の生産性改革――慢性的な人手不足とスキル不足を解消する秘訣 【日本電気】 Ivanti Endpoint Manager 【Ivanti Software】 IT部門を早く・安く・手軽に改革、ITサービス管理ツールで業務はどう変わる? 【クレオ】 ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件 【クレオ】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
システム部門の生産性改革――慢性的な人手不足とスキル不足を解消する秘訣 PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。 非効率なサポートデスク業務…… IT部門を「手軽にテコ入れ」する方法 システムの運用管理基準ITIL、注目の「ライフサイクル管理」とは?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046616


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ