BSP、クラウド版ITサービスマネジメントツールの新版をリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


BSP、クラウド版ITサービスマネジメントツールの新版をリリース


掲載日:2013/05/08


News

 株式会社ビーエスピー(BSP)は、クラウド版ITサービスマネジメントツール「LMIS on cloud」の新バージョン「Ver1.2」をリリースした。

 「LMIS」では、ITシステムの企画設計・開発・運用・改善というライフサイクルの全体最適を図る観点から、ユーザ個々の環境に適したITサービスマネジメントを行なえるようにし、変化に強いITサービスの構築を提供している。

 クラウド版の今回の新バージョンでは、従来以上に多くのユーザの利用を想定し、大規模運用からモバイルまで様々なシーンでの活用に対応するための機能追加と拡充が行なわれ、利便性が更に向上している。

 障害情報などの登録者や承認者に加え、エンドユーザ自身が「LMIS on cloud」にアクセスしてFAQやインシデントの状況を確認できるため、全社規模での活用と情報共有を行なえ、障害数・対応ステータスの可視化に加え、既知の問題であれば、エンドユーザ自身が確認して解決することで、サポート担当者の負荷軽減、業務の効率化を図れる。また、「LMIS on cloud」へのログイン不要で、メールで承認できるようになり、モバイルなどのツールを利用できる条件が整っていれば、ロケーションを問わず承認できる。

 ワークフローでの承認が、出張・外出などで止まりスムーズに流れないという課題に対して、指定した期間を超えた際には承認権限を他のユーザに委譲する機能が追加された。休暇や傷病などで承認者が不在の時も、承認者設定の変更不要で一時的に承認権限を委譲し、代理者が承認することで対応の遅延防止を図れる。

 障害の影響範囲やリリース対応状況をより直感的に確認できるように、プロセス間の紐付きや構成情報を俯瞰する関連情報エクスプローラの表示が改善されたほか、CSV出力にも対応し、データ加工やレポート作成などで活用できるようになった。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

オンプレ環境をクラウドのようにスケールアップ――インフラコスト削減の秘訣 【日本ヒューレット・パッカード】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 特別対談:次世代ITで広がる企業の「格差」──SDx時代に何をすべきか 【日本ヒューレット・パッカード】 クラウドのように柔軟なリソース拡張、オンプレミスの新たなIT消費モデルとは? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 「オンプレミス+クラウドを活用、しかも運用負荷は軽減」は現実的か 【ネットワンシステムズ】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
急な需要にも対応 オンプレミス環境をパブリッククラウドのように利用 システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 特別対談:次世代ITで広がる企業の「格差」──SDx時代に何をすべきか オンプレミスのITインフラに、クラウドの拡張性やコストメリットをもたらす方法 急速に変化するビジネス環境に対応するには、オンプレミスやクラウドのITインフラも迅速に変える必要がある。従来の手法を覆すITパートナーによる新サービスを紹介する。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046616


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ