イージェネラ、富士通のブレード288台を管理できる製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


イージェネラ、富士通のブレード288台を管理できる製品を発売


掲載日:2013/05/08


News

 イージェネラ株式会社は、富士通のブレードサーバ「BX900」上で稼働し、I/O仮想化機構を利用してハードウェアの機能を最大限に利用でき、データセンタの運用を簡素化できる製品「PAN Manager 7.5」を発売した。

 「PAN Manager 7.5」は、16筐体までをあたかも1つの筐体であるかのように扱える。「BX900」の場合は1筐体あたり18台のブレードを搭載できるため、288台までのブレードを一元管理でき、N+1高可用性(287+1)の機能も提供される。これにより、システムの複雑さ/リスク/コストを削減できるほか、「PAN Manager」が標準装備する高可用性/災害復旧機能を用いて、システムの信頼性と堅牢性を保てる。


出荷日・発売日 2013年5月7日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「サーバー仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー仮想化」関連の製品

ハードはどこから刷新すべき? 課題別の製品選びでIT環境を改善 【レノボ・ジャパン】 証券システムを支える堅牢な保守基盤をハイパーコンバージドシステムで実現 【レノボ・ジャパン株式会社】
サーバー仮想化 サーバー仮想化
ハードウェア刷新、どこがボトルネック? 解決法が一覧で分かる 証券システムを支える堅牢な保守基盤をハイパーコンバージドシステムで実現

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046607


IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ