バリオセキュア、仮想環境でIDSやADSを運用するサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


バリオセキュア、仮想環境でIDSやADSを運用するサービスを提供


掲載日:2013/05/08


News

 バリオセキュア株式会社は、クラウドサービスなどの仮想環境でマネージドセキュリティサービスを利用できる「仮想VSR」の提供を開始した。

 「仮想VSR」では、ユーザのクラウド環境や仮想マシンに対し、基本機能のルータ機能と、追加機能のIDS(不正侵入検知)/ADS(自動防御システム)を、24時間365日体制の運用監視/レポーティング機能を含めたマネージドサービスとして提供する。これにより、共有型のクラウド環境でもセキュリティレベルの向上を図れる。

 当初はルータとIDS/ADS、管理者用コントロールパネルの機能が提供され、順次、ファイアウォール/ロードバランサ/拠点間VPN/リモートVPNなどの機能が追加される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

標的型攻撃対策評価サービス (レッドチームによる評価) 【日立ソリューションズ】 企業の49%が不正C&Cサーバと通信の事実が発覚、未知の脅威には気付かず 【トレンドマイクロ株式会社】 インシデント多発に悩まされる教育業界、将来に向けたセキュリティ対策とは? 【ヴイエムウェア/ダイワボウ情報システム】 サイバー攻撃分析サービス 【日立ソリューションズ】 標的型攻撃メール訓練 「SYMPROBUS Targeted Mail Training」 【アクモス】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
疑似的なマルウェア攻撃で、本来攻撃が検知されるべき箇所で検知できなかったなど、現状のセキュリティ対策の抜けや漏れを洗い出し、評価および改善策を提案するサービス。 振る舞い検知や機械学習の連携が鍵、未知の攻撃を防ぐ方法 「教育IT」徹底討論:学校を狙うサイバー攻撃の現状と最新の対策 日立ソリューションズのセキュリティエキスパートの知見・ノウハウを活用することで、日々高度化するマルウェア攻撃の分析を行うサイバー攻撃分析サービス。 疑似攻撃メールの送信や結果の集計、レポート作成などをすることで、標的型攻撃メールの対策訓練を実施するソリューション。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046574


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ