NECDS、4000〜5000ルーメンのデータプロジェクタ6機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECDS、4000〜5000ルーメンのデータプロジェクタ6機種を発売


掲載日:2013/05/08


News

 NECディスプレイソリューションズ株式会社(NECDS)は、プロジェクタ「ビューライト」シリーズで、軽量ながら高輝度を達成した液晶プロジェクタ5機種と、フルHD対応のDLPプロジェクタ1機種、計6機種を5月21日から順次発売する。価格はオープン価格。

 今回発売されるのは、パネル解像度XGA(1024×768ドット)/明るさ5000ルーメンの「NP-P501XJL」「NP-PE501XJL」、同XGA/4500ルーメンの「NP-P451XJL」、同WXGA(1280×800ドット)/4500ルーメンの「NP-P451WJL」、同WXGA/4000ルーメンの「NP-P401WJL」と、1080P(1920×1080ドット)/4000ルーメンのDLPプロジェクタ「NP-PE401HJD」。

 「NP-P501XJL」は、重さ4.1kgのポータブルタイプで、企業では中規模の会議室から大会議室、講堂まで、学校では普通教室から講堂、体育館まで、1台で対応できる。「NP-PE501XJL」は、重さ4.0kg。

 「NP-P501XJL/PE501XJL/P451XJL/P451WJL/P401WJL」は、使用環境に合わせて選べる複数のエコモードを搭載しているほか、待機時の消費電力が0.21Wに低減されている(省電力モード時)。吸気口に2層構造の大型フィルタを採用し、通常の環境ならばランプ交換時までフィルタ清掃が不要になる。また、1.7倍ズームレンズと垂直レンズシフトを搭載し、天井が高めの天吊設置を容易に行なえる。

 「NP-PE501XJL」を除き、無線LAN/有線LANに対応し、ネットワークを利用して、PCからプロジェクタの電源オン/オフや信号の切り替えといったコントロールを行なえる。添付のアプリケーションソフトを使用することで、PCの画像をLAN経由で、高速に転送してスクリーンに投写できる。無線LANは、IEEE802.11b/g/nに準拠し、セキュリティは、WPA-PSK(TKIP/AES)、WPA2-PSK(TKIP/AES)に対応しているほか、簡易アクセスポイントを使用することで、iOSデバイスを簡単に接続できる。

 「NP-PE401HJD」は、“エコモード”を選択することで、“ノーマル”時に比べ、使用中の消費電力を約24%低減できるほか、待機時の消費電力は0.5W(省電力モード時)を達成している。デジタル入力端子HDMI端子を2系統装備しているほか、8W+8Wのステレオスピーカを内蔵している。また、DLP Link方式に加え、HDMI 3D方式に対応している。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046549


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ