日本IBM、大容量の非構造化データ並列処理するソフト新版等発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、大容量の非構造化データ並列処理するソフト新版等発売


掲載日:2013/05/08


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、テキストや画像など蓄積された大容量の非構造化データを並列処理するソフトウェア製品の新版「IBM InfoSphere BigInsights V2.1」と、連続的に発生するデータをリアルタイム処理するストリーム・コンピューティング製品の新版「IBM InfoSphere Streams V3.1」を5月中(予定)に発売する。使用料金はそれぞれ、114万7000円から、445万2000円から(いずれも税込)。

 「IBM InfoSphere BigInsights V2.1」は、Hadoop DBにアクセスするためのBigSQL機能を装備している。BigSQLは、SQL標準に準拠したインターフェースに対応し、新規にHadoop向けのプログラミング言語の習得不要で、従来からあるリレーショナルDB(RDB)向けの標準的なSQL言語を使用してHadoopデータを活用できるほか、RDB向けに開発されたアプリケーションのSQLインターフェースをそのまま活用できる。従来のDB技術者のスキルを活用して、迅速・容易にエンタープライズ・レベルのHadoop機能の導入・活用を図れる。

 また、汎用的な分散ファイル共有システム“GPFS”をHadoop向けに対応させた、GPFS-FPO(General Parallel File System-File Placement Optimizer)を装備し、Hadoop向けのファイルシステム“HDFS”(Hadoop Distributed File System)に代わりGPFSを活用できる。複数ノードからファイルにアクセスできることで、単一障害点を排除し、セキュリティの向上を図れる。

 「IBM InfoSphere Streams V3.1」は、処理ロジックの実行プロセスが最適化され、ストリーム処理のパフォーマンスが向上している。また、分析ツールにR言語モデルを利用したスコアリングの仕組みが追加されたほか、時系列解析を行なうためのツールキットが拡充されるなどで、様々な分析ロジックを組み込んだデータ処理の、より容易な導入を支援する。

 いずれの製品も、稼働環境の特定単位のリソース(RVU:リソース・バリュー・ユニット)にもとづく、開発向けの小規模システムから大規模システムへのスケールアウトまで、システム規模に合わせた価格体系で提供される。また、製品の評価・開発環境として、「IBM InfoSphere BigInsights Enterprise Edition Starter Kit」「IBM InfoSphere Streams Developer Edition」が提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「クラスタリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「クラスタリング」関連情報をランダムに表示しています。

「クラスタリング」関連の製品

ソフトウェアFT「Stratus everRun」 【日本ストラタステクノロジー】
クラスタリング
2台1組のPCサーバでフォールト トレラント(FT)システムを実現。簡単・堅牢・安価に高信頼性仮想化システムを実現する可用性ソリューション。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046548


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ