ユタカ電機製作所、2uで3KVA200V仕様のラックマウントUPSを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ユタカ電機製作所、2uで3KVA200V仕様のラックマウントUPSを発売


掲載日:2013/05/07


News

 株式会社ユタカ電機製作所は、2uの薄型でコンパクトなラックマウント型筐体に、電源状況に合わせて省エネ運転を行なう機能を搭載したオンライン(常時インバータ)方式UPS「Super Power」シリーズで、出力容量3KVA/200V仕様の「UPS3020SP」を発売した。価格は38万円。

 「UPS3020SP」は、負荷力率0.8なので2500Wまで使用でき、使用機器の大電力化に対応しているほか、200V仕様なので、200V仕様サーバ/産業用機械/検査装置などへの導入を更に容易に行なえる。入出力電圧はAC200Vが標準で、工場出荷時にAC220V/230V/240Vに設定変更できる。また、クリーンな電力を供給する常時インバータ正弦波出力なので、接続負荷への負担が少なく、CVCF電源として使用することもできる。

 フルデジタル制御が進化していて、部品点数の削減や、小型化、軽量化、高効率化、高機能化を達成している。電源事情にあわせて運転モードが自動で切り替わり、エコモードを選択することで、交流入力が安定している場合は、商用給電になると同時にインバータを停止し、損失を削減して効率98%以上を達成できる。電圧の異常を感知すると自動的に無瞬断で給電品質優先モード(常時インバータ運転)に切り替わるほか、状況に応じてエコモードに自動で戻り無駄な電力の低減を図れる。

 バッテリは、装置前面からホットスワップで交換できる。長寿命ファンを採用したことで、ファン交換は不要。保守バイパスユニットを搭載することで、給電しながら電源ユニットを交換でき、メンテナンス性も向上している。増設バッテリを利用した停電保持時間の長時間化も図れる。また、別売りのUPS電源監視ボードを使用することで、スケジュール運転や電力の使用状態をネットワーク経由で監視でき、無駄な電力低減を支援する。各種オンサイト保守サービスパック付き製品や無償保証サービス延長パック付き製品もあわせて発売された。


出荷日・発売日 発売済
価格 38万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046537


IT・IT製品TOP > サーバー > UPS > UPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ