NTT Com、東京都北区の新データセンタの提供を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Com、東京都北区の新データセンタの提供を開始


掲載日:2013/05/07


News

 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、東京都北区に建設した“東京第6データセンター”を提供開始したと発表した。

 同データセンタは、総延床面積約2万2000平方メートル(3000ラック相当)の規模で、コストパフォーマンスが良く、利便性・耐災害性・信頼性・拡張性など最新のデータセンタに求められる様々な要素を備えているとしている。

 NTT Comによると、近年企業において、ICT環境の最適化や大規模自然災害への対応のため、クラウドサービスやICTアウトソーシング、ディザスタリカバリなどのニーズが急速に高まっている。こうした中、同社は新たに“Nexcenter”ブランドを創設し、統一された品質の提供とサービスレベルの高度化を目指すことにしたという。

 今後、サービス契約書、SLA(サービスレベル合意書)、カスタマーポータルなどのグローバル統一を進めるとともに、最先端の高効率空調設備の導入によるユーザの運用コスト削減、仮想ネットワークを活用したハイブリッドクラウドなどのグローバルシームレスサービスの提供などを図っていく。その第1弾となる主力データセンタとして、“東京第6データセンター”の提供を開始するとしている。

 同センタの特長として、従来の約半分(同社比)の運用コストで利用可能であることや、東日本大震災クラスの災害にも耐えられる建物構造であること、電力使用を効率化し省エネ性能に優れていること、ユーザの要望に合わせて電力・空調・セキュリティなどの仕様を柔軟に変更可能であること、敷地内にオフィス棟を併設していること、首都圏データセンタと海外データセンタを組み合わせたシステム拡張・分散、ディザスタリカバリサイトなど、柔軟なシステム構築・運用ができる拡張性に優れたネットワーク環境であることを挙げている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 【サイバネットシステム】 Excelはもう時代遅れ――作成わずか1分、クラウドでの帳票発行で業務を効率化 【スプレッドオフィス】 インカムシステム 【NTTテクノクロス】 クラウド実践ガイド:オンプレミスから移行するアプリケーションの見極め方 【F5ネットワークスジャパン】 メールセキュリティの新常識 高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出 【シマンテック】
認証 帳票管理システム その他情報共有システム関連 ADC/ロードバランサ メールセキュリティ
「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 Excelはもう時代遅れ――作成わずか1分、クラウドでの帳票発行で業務を効率化 IPベースのインカムシステムで、スムーズな情報共有を実現するリアルタイムコミュニケーションツール。 クラウド実践ガイド:オンプレミスから移行するアプリケーションの見極め方 メールセキュリティの新常識 高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046534



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ