ソフトバンクテレコム、内部統制の有効性評価の保証基準を取得

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトバンクテレコム、内部統制の有効性評価の保証基準を取得


掲載日:2013/05/07


News

 ソフトバンクテレコム株式会社は、自社のデータセンタ“東京第四データセンター”で提供するコロケーションサービスで、受託業務の内部統制の有効性を評価する保証基準(保証業務基準書16号:Statements on Standards for Attestation Engagements No.16)に準拠したType2の報告書(SSAE16報告書)を、3月1日付で取得したと発表した。

 SSAE16報告書は“Type1”と“Type2”の2種類があり、“Type1”とは業務受託会社のシステムに関する記述書及び統制のデザインに関する報告書で、“Type2”とはType1の報告に加えて運用状況までを含めた報告書。

 同社によると、内部統制が必要な業務を外部に委託する場合、委託先であるデータセンタも評価対象となるため、ユーザは利用しているデータセンタを含めて監査を実施する必要があり、時間とコストがかかるという課題があった。

 同社は、このような状況を踏まえ、法人向けのクラウドサービス「ホワイトクラウド VMware vCloud Datacenter Service」について、2011年度から国際基準に準拠したサービス運用の適切性を証明するSSAE16報告書を継続して取得しているという。

 今回、“東京第四データセンター”で提供するコロケーションサービスでもSSAE16報告書を取得することで、ユーザはIT基盤を支えるクラウドサービスとデータセンタ両方のサービスに関する内部統制の有効性評価に利用できるほか、サービスの利用を検討中のユーザも、事前にSSAE16報告書を参照することでソフトバンクテレコムの内部統制の整備や運用状況を確認でき、経営者評価作業の負荷を軽減できるとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】 5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 【駅探】 事例で検証! Office 365 はコミュニケーション活性化の切り札か 【大塚商会/日本マイクロソフト】
無線LAN データセンター運用 データセンター運用 その他開発関連 グループウェア
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか? 6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵 5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 事例/ Office 365で変えていく。社内コミュニケーションの質と量
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046532



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ