GRANDIT、Web-ERPの新版でグループ経営情報基盤の構築を支援

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


GRANDIT、Web-ERPの新版でグループ経営情報基盤の構築を支援


掲載日:2013/05/07


News

 GRANDIT株式会社は、Web-ERPの新版「GRANDIT Ver2.1」と、グループ経営基盤構築の企画/分析からシステム導入/保守運用までのワンストップサービス「GRANDIT for Group & Global」の提供を開始した。

 「GRANDIT」は、コンソーシアム方式でSI企業のノウハウを集成したWeb-ERPで、経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費の計10モジュールで構成されている。

 今回の新版は、クラウド型で運用できるため、グループシステムを一元管理でき、国内主要企業に加え小規模グループ企業や海外拠点まで含めたグループ統合IT基盤の構築を支援する。

 「GRANDIT for Group & Global」では、ERPシステムの導入に加え、グループ経営基盤構築の企画/分析や、グループ統合元帳/連結会計管理、グローバルネットワーク/ヘルプデスクを、それぞれの領域に通じたパートナーが、サービスやオプション製品として提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

Microsoft Dynamics 365 for Operations 【日立ソリューションズ】 原価管理システム AMMIC/NetC 【電通国際情報サービス】 事例で見る、ERPの第三者保守への切り替えメリットとは? 【シーエーシー】 グローバルの設備も一元管理、次世代のモノづくりを後押しする設備管理・保全術 【インフォアジャパン】 日本発グローバルERP「A.S.I.A.(エイジア)」 【東洋ビジネスエンジニアリング】
ERP ERP ERP ERP ERP
生産、販売管理、会計など業務全体をカバーする基本的なERP機能のほか、小売業様向け機能として、POSやコールセンター等、様々な販売チャネル向け機能を有する。 標準原価、実際原価など、製造業に不可欠な6種の原価管理機能を搭載したERPパッケージ。予算原価シミュレーション、発生要因別の原価差異分析など、様々な原価分析に対応。 基幹系システムの保守は欠かせないものだが、コストは頭の痛い問題だ。ベンダー以外の事業者による「第三者保守」の可能性を、ユーザー企業の事例から探りたい。 モノづくりで設備がダウンしてしまったら大きな損害だ。それを回避するために設備資産の管理・保全をする必要があるが、効率的に進めるにはどうすればいいのだろうか。 多言語・多通貨対応で、22の国と地域・430社への導入実績を持つ純国産ERP。低コスト、短納期でのノンカスタマイズ導入・クラウドサービスも提供可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046531


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ