NIコンサル、営業支援システムに“案件進捗モレ通知”などを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NIコンサル、営業支援システムに“案件進捗モレ通知”などを追加


掲載日:2013/04/26


News

 株式会社NIコンサルティング(NIコンサル)は、ゲーミフィケーションを採用したクラウド型営業支援/顧客管理システム「Sales Force Assistant」で、“案件進捗モレ通知”“他者コンタクト通知”などの営業アシスタント機能を強化した新バージョンの提供を5月1日に開始する。

 今回搭載された“案件進捗モレ通知”機能では、顧客との商談が進展して案件の受注確度が上がった時に、その案件の進捗度(営業プロセス)をチェックし、受注確度に応じて設定された重要進捗度に漏れがあった場合、アシスタント(電子秘書)が通知する。アクションの漏れがすばやく通知されることで、営業担当者の商談推進力の向上を図れる。

 “他者コンタクト通知”機能では、自分が担当している顧客に他の社員がコンタクトした場合にアシスタントが通知する。例えば、サポート部門が受けた顧客からのクレームや問い合わせの情報がすぐに届くため、部門間を越えて迅速に顧客情報の伝達と共有を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

営業・保守ルート効率化、店舗検索……「Googleマップ」の活用で変わるビジネス 【富士通】 グループウェアではSFAの代わりにはならない 失敗しないための3つの視点 【セールスフォース・ドットコム】 初アポから受注まで、SFAで生産性を高める“1つ上”のノウハウ 【株式会社ジャストシステム】 無駄と思ってしまう日報、何のための情報共有か基本に戻り考える 【株式会社ジャストシステム】 ExcelからSFAに切り替えるべき理由を営業の視点から具体的に紹介 【株式会社ジャストシステム】
SFA SFA SFA SFA SFA
「現場に急行できる最寄りのスタッフは誰だ」「あの商品を扱っている店舗はどのエリアか」……。こうした課題は、地図サービスを活用すればもっと素早く解決できるだろう。 グループウェアではSFAの代わりにはならない 失敗しないための3つの視点 初アポから受注まで、SFAで生産性を高める“1つ上”のノウハウ 「脱Excel」で強い営業チームを作る方法 Excelをやめ、SFAに切り替えるべき7つの理由

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046516


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ