サン電子、小型M to M LinuxゲートウェイにJavaと遠隔管理を搭載

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サン電子、小型M to M LinuxゲートウェイにJavaと遠隔管理を搭載


掲載日:2013/04/26


News

 サン電子株式会社は、小型M to M Linuxゲートウェイ「Rooster GX」にJavaと遠隔管理サービス「SUNSYNC」を搭載し、発売した。価格はオープン価格。

 「Rooster GX」は、データロガーと3G通信機能(オプションボード搭載)の両方を備え、スペースやケーブルを最小限に抑えられ、省電力/コスト削減を図れる。また、モバイルルータ機能がLinuxのアプリケーションとして提供される。

 今回、「Oracle Java ME Embedded」が標準で搭載され、Javaを用いてアプリケーションソフトを開発できるようになった。センサデータなどの収集/加工プログラムを自由に設計/開発でき、収集データをデータセンタにモバイル回線を利用して容易に送信できる。

 また、標準搭載された「SUNSYNC」では、設定/ログ/ファームの遠隔書き換えに加え、Java/LUA/C言語で作成したユーザアプリケーションソフトまで遠隔で管理できるため、運用管理システムの構築/保守コストの削減を図れる。


出荷日・発売日 2013年4月25日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 【アイエンター】 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 【アイエンター】 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? 【アイエンター】 AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 【アイエンター】
その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連
業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046513


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ