採用:中西金属工業、NECとIFS社のクラウドサービスを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:中西金属工業、NECとIFS社のクラウドサービスを導入


掲載日:2013/04/26


News

 スウェーデンIFS社は、中西金属工業株式会社(NKC)が、グローバルでの設計・製造に関わる情報の一元管理や業務の見える化・効率化を可能にするシステムを、クラウドサービスを利用して導入したと発表した。同クラウドサービスは、日本電気株式会社(NEC)がIFS社のグローバルERPソフトウェア「IFS Applications」をクラウド型で提供している。

 NKCは、ベアリング・リテーナー、コンベア及び自動制御装置、住宅関連製品、各種金属プレス加工品などの製造販売を行なっている。受注の際、まず本社で納期・製造コストなどを考慮し、日本・米国・中国の3拠点のほか、海外の協力会社のいずれかに製造拠点を決定する。製品の設計は、日本・米国・フィリピンで行ない、また海外の営業拠点はタイやインド、インドネシアなど13拠点にわたり、1つの製品に関する設計の進捗状況や製品ごとの部材調達状況、製造進捗状況の見える化などが課題となっていた。

 NECは、「IFS Applications」を活用し、データセンタに、案件ごとの設計・製造プロセスに必要な関連情報を集約し一元管理することで、設計から製造・出荷に関わる業務の見える化を可能にし、協力会社を含む海外各拠点の担当者と日本との情報共有の効率化・早期化を支援したとしている。また、データセンタを利用することで、セキュリティの確保と、災害の際の事業継続性も可能にしているという。

 NKCは、同サービスの導入で、これまで電話やメール、郵送で実施していた情報伝達を、クラウド上のデータ参照やダウンロードなどを行なうことで業務の待ち時間を減らし、業務全体の効率化を図るとともに、収益増を目指しているという。

 なお、NKCは、見積情報、設計図面などの製品技術情報を管理するNECのPLM(Product Lifecycle Management)ソフトウェア「Obbligato III」を導入しており同ソフトウェアの設計情報を、「IFS Applications」と連携させることで、今回の見積から受注・設計・製造・出荷までの一連の業務を世界中の拠点で把握ができるようになるとし、今後は海外における同クラウドサービスの利用拠点を拡大して、世界中の誰が業務を実施しても同品質できめ細かい生産管理ができるように推進していくとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「PLM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PLM」関連情報をランダムに表示しています。

「PLM」関連の製品

PLMソリューション「Obbligato III」 【NEC】 PLM/PDMソリューション「OpenPDM 核」 【コア】
PLM PLM
さまざまな技術情報を統合管理し、グローバル開発における製品情報共有基盤を構築。
電機・機械を始め幅広い業種の企業で採用されている国内トップシェアのPLM製品。
BOMの管理、設計成果物の管理、承認情報の管理など、PLM/PDMとして必要な機能を実装し、小規模での導入も可能なPLM/PDMソリューション。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046507


IT・IT製品TOP > 情報システム > PLM > PLMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ