採用:さが美、鈴与シンワートのクラウドサービスを導入

IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:さが美、鈴与シンワートのクラウドサービスを導入


掲載日:2013/04/26


News

 鈴与シンワート株式会社は、SEO・LPO機能を搭載したマーケティングCMSのクラウドサービス「HeartCore」が全国224店舗を展開するきもの専門店チェーンの株式会社さが美のコーポレートWebサイトで本格稼働したことを発表した。

 「HeartCore」は、直感的な操作で迅速にWebコンテンツの編集を行なえること、44ヵ国の言語に対応し各国に時刻に合わせたWebサイトの公開やコンテンツの配信ができること、Webサイトへの誘客を促進する自動SEO、LPO、SNS連携などのマーケティング機能を搭載していること、小規模レベルからエンタープライズレベルまで段階的な導入ができることなどを特長に挙げている。

 さが美によると、以前は設計が古く複雑なWebシステムであったためコンテンツの追加や変更に柔軟に対応ができず、またコンテンツの制作や更新も外部に委託していたため、運用効率とコスト面で課題があった。そこでこの課題を解決し、Webサイトによる情報発信を強化するため、CMSを活用したサイト運営を行なう計画を立てた。導入ベンダは「HeartCore」の導入やアドオン開発だけでなくWebサーバの整理・統合も相談でき、自社でデータセンタを運営する鈴与シンワートに決めたとしている。

 また、「HeartCore」の選定ポイントとして、誰でも簡単にページが作成できること(属人性の排除)、Webサイトの運営コストの削減ができること、削減したコストで新たな投資ができることを挙げている。

 さが美は、今回の導入により、Webサーバを整理・統合するとともに、Webコンテンツの自社メンテナンスを可能にすることで、Webサイトの運営コストを年間数百万円削減ができたほか、イベントやキャンペーン、IR情報などの情報発信やコンテンツの更新が、タイムリーかつ迅速に行なえるようになったとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CMS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CMS」関連情報をランダムに表示しています。

「CMS」関連の製品

Webコミュニケーションプラットフォーム Sitecore on Cloud 【ソフトバンク・テクノロジー】 デジタルマーケティングがうまくいく、ビジネスとICTの課題解説 【富士通】 CMSソフトウェア Movable Type 【シックス・アパート】 Webサイト構築プラットフォーム「RCMS」 【ディバータ】 高機能CMSでWeb構築期間を削減 会員サイトやオウンドメディアも 【ディバータ】
CMS CMS CMS CMS CMS
多機能なCMS基盤にマーケティング機能(アクセス解析、A/Bテスト、ターゲティング)を備えたWebプラットフォーム。安定したインフラ基盤と運用監視サービスも併せて提供。 「うまくいかない」マーケティング――ICTとの連携で課題解決は可能か 効率的なウェブサイト運用を実現する、国内シェアNo.1のCMSプラットフォーム。安心のセキュリティ、豊富なソリューションで、小中規模からエンタープライズまで対応。 豊富な標準機能が強みの国産CMS。コーポレート、求人、情報配信、EC・ポータルなど、多岐に渡るサイトの構築・運用管理を得意とし、2000社以上への導入実績がある。 高機能CMSでWeb構築コスト・期間を削減――会員サイトやオウンドメディアも

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046504


IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ