採用:NTTネオメイト、ヴイエムウェアの仮想デスクトップを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:NTTネオメイト、ヴイエムウェアの仮想デスクトップを導入


掲載日:2013/04/26


News

 ヴイエムウェア株式会社は、株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト(NTTネオメイト)が、同社の全従業員が使用する6000台のPC環境にVMware「Horizon View」を導入したことを発表した。

 NTTネオメイトでは、これまで他社製の仮想デスクトップソリューションを採用していたが、エンドユーザ使用環境のパフォーマンス低下や不安定なセッション接続などにより、ユーザの業務生産性低下の課題を抱えていた。また削減されない運用管理負荷への改善も求められていた。そこで検討した結果、「Horizon View」の高いユーザビリティと安定性や、VMware「vSphere」と「Horizon View」との親和性、ヴイエムウェアのサポート体制などを評価し、今回の導入を決定した。

 NTTネオメイトは、今回の導入により以下の4つの改善をしたとしている。1つはストレージアクセラレータ機能で、ストレージに対する負荷を削減し、共有ストレージのコスト削減を可能にしたほか、クライアント環境のパフォーマンスが高速化され、エンドユーザの業務生産性の向上に寄与したこと。2つめは、仮想デスクトップのアンチウィルススキャンを外部にオフロードする機能を活用し、セキュリティを維持しながら、仮想デスクトップのパフォーマンスの向上と安定化を可能にしたこと。

 3つめは、単一コンソールでのシンプルな運用管理になり、特にエンドユーザからのリクエストを受け仮想デスクトップをセットアップする作業が効率化され、運用コスト(OPEX)を削減できたこと。4つめは、ヴイエムウェアのプロフェッショナルサービス部隊によるコンサルティングサポートを活用し、最適化された仮想デスクトップ環境の設計・構築を可能にしたことである。

 今後同社では、大規模な「Horizon View」導入により蓄積されたノウハウの活用やVMware資格者の育成を通じ、一般向けに“AQStage 仮想デスクトップサービス”を提供する予定としている。また「Horizon View」を通じてエンドユーザの柔軟な選択肢が広がったことで、従業員のワークスタイル変革など、最新技術を活用した新しい取り組みも推進するとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「シンクライアント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

「シンクライアント」関連の製品

川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 【パラレルス】 HP Moonshot HDI シンクライアントソリューション 【アクシオ】
シンクライアント シンクライアント
川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 HDI(Hosted Desktop Infrastructure)は、継続したパフォーマンスを提供できるハードウェア占有型のシンクライアントソリューション。ネットワーク分離用途にも適用可能。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046497


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ