クラスキャット、Hadoopクラスタ自動構築/管理/監視製品を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クラスキャット、Hadoopクラスタ自動構築/管理/監視製品を提供


掲載日:2013/04/25


News

 株式会社クラスキャットは、Apache Hadoopクラスタの自動構築/管理/監視を行なえるソリューション製品「ClassCat Cluster Manager for Hadoop」の提供を5月に開始する。価格はオープン価格。

 「ClassCat Cluster Manager for Hadoop」では、基本機能を提供する「Standard Edition」と、プライベートクラウドと連携できる「Enterprise Edition」の2つの製品ラインアップが用意されている。「Enterprise Edition」では、管理サーバ上でマスタ/スレーブノードの登録を行なうことで、Hadoopクラスタが自動構築されるほか、各種設定も最適化されるため、直ちに実運用を開始できる。インストールや設定は不要で、実装はエージェント方式を採用しているため、柔軟な制御をリアルタイムで行なえ、Webベースの管理ツールからリソース監視や必要な操作の一元管理を行なえる。

 プライベートクラウドとのシームレスな連携も行なえ、プライベートクラウド基盤はOpenStack/OpenNebulaに対応している。クラスタ管理サーバはクラウド基盤上に配置され、クラスタの要求仕様に合わせて仮想マシンを起動し、Hadoopクラスタを効率的に自動構築できる。マルチクラスタも構築でき、スケーラビリティも備えている。

 自動構築されるHadoopクラスタは、Apache Hadoopステーブル版v1.0.4をベースに調整されている。Hadoopコア(HDFS/MapReduce)に加え、Hadoopエコシステムのツールやモジュールも自動配備され、簡単に利用できる。発表時点で配備できるエコシステムは、大規模なデータを操作できるHive/Pigと、分散コーディネーションサービスZooKeeper、NoSQLカラム指向DB HBaseで、その他のエコシステムについても重要度の高いものから順次対応する。

 これらにより、企業の情報システム部門や中堅/中小企業は、大規模分散データ処理の対応に求められるHadoopインフラを容易に導入/活用できる。

 「Standard Edition」は、スターターキットとして位置づけられていて、Hadoopシングルクラスタを自動構築して運用管理するための機能が用意され、小規模なクラスタから手軽に運用したい場合に適している。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「クラスタリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「クラスタリング」関連情報をランダムに表示しています。

「クラスタリング」関連の製品

ソフトウェアFT「Stratus everRun」 【日本ストラタステクノロジー】
クラスタリング
2台1組のPCサーバでフォールト トレラント(FT)システムを実現。簡単・堅牢・安価に高信頼性仮想化システムを実現する可用性ソリューション。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046451


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ