EMCジャパン、組織のサイバー脅威リスク低減を図れる製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCジャパン、組織のサイバー脅威リスク低減を図れる製品を発売


掲載日:2013/04/24


News

 EMCジャパン株式会社は、インテリジェンスを活用してセキュリティ・インシデントを迅速に発見し、サイバー脅威リスクを低減する高度セキュリティ管理プラットフォーム「RSA Security Analytics(RSA SA)」を発売した。価格は、構成により異なる。

 「RSA SA」では、ビッグデータの分析機能やリアルタイムの分析機能を備え、洗練されたインテリジェンスを活用する。収集した大量のネットワーク・セッション情報やログ情報に、メタ情報とインデックス情報を付与して管理するアーキテクチャを採用しているため、迅速にデータの関連性を見出せ、結果的に脅威を早期に発見できる。ネットワーク・セッション情報をすべて収集するため、脅威の引き金になったメールやWebアクセスを再現することもできる。また、メタ情報やログ情報を長期的に蓄積し、これらの情報の分析を“RSA SA Warehouse”というHadoopベースの分析エンジンが並列処理し、脅威の傾向の発見とレポートの生成を高速に行なう。

 RSA First WatchやRSA AFCCが収集する脅威情報に加え、他ベンダのセキュリティ脅威を統合化した“RSA Live”が提供される。“RSA Live”と収集したセッションやログ情報を関連づけて分析することで、メタ情報の質の向上と分析の効率向上を図れ、攻撃の対象や脅威の種類、漏洩の事実などを速やかに確認してインパクトレベルを判断し、ユーザに通知する。

 企業は、「RSA SA」の高速分析技術とインテリジェンスを利用することで、セキュリティ・インシデントに起因する被害の拡散を回避できる。また、データ関連性の発見・可視化を行なえるため、素早く状況を把握できる。境界型セキュリティ装置と連携することで、脅威をブロックすることもでき、高度なサイバー脅威や未知の攻撃の早期発見、フォレンジック時の工数削減、脅威リスクの低減を図れる。

 ビッグデータの分析機能では、長期間にわたって集積した大量のパケットとログを使用して、サイバー攻撃の分析に必要な情報を持つメタ情報やインデックス情報から、インシデントの検知やレポートの作成を行なえる。リアルタイムの分析機能では、メタ情報やインデックス情報をもとに、インシデントを高速に検知でき、インシデント検知後にリアルタイムでアラートを生成できる。


出荷日・発売日 2013年4月24日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワークセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

DDoS対策アプライアンス Arbor Networks APS 【アーバーネットワークス】 クラウド型セキュリティサービス InterSafe GatewayConnection 【アルプス システム インテグレーション】 サイバー攻撃可視化プラットフォーム Arbor Networks Spectrum 【アーバーネットワークス】 ネットワーク分離ソリューション 【アクシオ】 セキュリティアプライアンス Aterm SA3500G 【NECプラットフォームズ】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
全世界のトラフィックをリアルタイムで収集・分析。そのデータをもとに、DDos攻撃による脅威をブロックする高精度な対策を提供。 クラウドのセキュアWebゲートウェイにおいて、独自の解析技術により、マルウェア配布サイトへのWebアクセスやC&Cサーバへの不正通信をブロックする出口対策を提供。 企業に対する脅威やサイバー攻撃を発見、迅速な対応を行うためのプラットフォーム。サイバー攻撃による企業のビジネスリスクを低減する。 二要素認証、操作ログ、標的型攻撃対策、ファイル共有、ネットワーク分離を構成する各プロダクトと構築サービス。 既存ネットワーク構成を変えずに簡単に導入可能。分かりやすい価格設定で中小規模の法人ユーザ向けに最適なUTM(セキュリティアプライアンス)。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046442


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ