日立、「Windows Azure」と連携したハイブリッドクラウドを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、「Windows Azure」と連携したハイブリッドクラウドを提供


掲載日:2013/04/24


News

 株式会社日立製作所(日立)は、クラウドソリューション「Harmonious Cloud」のグローバル対応を強化し、様々なニーズに対応するため、マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Windows Azure」と連携した、グローバルに事業展開する企業向けハイブリッドクラウドソリューション「Windows Azure向けVPNサービス」の提供を開始した。価格は、1回線月額36万7500円(税込)。

 「Windows Azure向けVPNサービス」は、「Windows Azure」をより安全に接続できる仮想専用網「Windows Azure 仮想ネットワーク」に対応したサービスで、ハイブリッドクラウドを支えるネットワークサービスとして、回線に加え機器までを冗長化した上で、10Mbps帯域を保証した、高品質なネットワーク環境を提供する。また、同サービスの提供とともに、「Windows Azure」に対応した同社のクラウドサービスプラットフォーム「Cosminexus」や統合システム運用管理「JP1」を適用し、「Windows Azure」と連携したハイブリッドクラウドを実現している。

 ハイブリットクラウドでは、同社のクラウドサービス提供拠点“Harmonious Cloudセンタ”とマイクロソフトの海外データセンタを接続し、日本に重要なデータを保持したまま、「Windows Azure」の基盤上でアプリケーションを稼働させ、安全にサービスを提供できる。「Cosminexus」のアプリケーションサーバを活用することで、既存のWindows業務アプリケーションに加え、Javaアプリケーションも「Windows Azure」の基盤上で稼働させられ、IT資産の有効利用を図れる。また、「JP1」を利用して、ハイブリッドクラウド上のシステムの稼働監視やリソースの利用状況を統合的に24時間365日監視・管理することで、安全な業務環境を提供する。

 更に、同ソリューションでは、「Microsoft Office 365」の導入/運用支援サービス「Office 365おまかせパック」や、ハイブリッドクラウド環境のシステム連携を支援する「App Bridge 分散処理基盤サービス」(いずれも株式会社日立システムズ提供)、株式会社日立ソリューションズが提供するWindows Azureの導入支援/SIサービスなどの関連サービスを組み合わせ、日立グループの経験やノウハウを活用して、迅速な業務環境の立上げと安定的な運用を図る。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046439


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-VPN > IP-VPNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ