Wyse、Wyse ThinOSを搭載したノート型シンクライアントを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Wyse、Wyse ThinOSを搭載したノート型シンクライアントを発売


掲載日:2013/04/24


News

 ワイズテクノロジー株式会社(Wyse)は、シンクライアント専用OS「Wyse ThinOS 7.1」を搭載したノート型シンクライアント「Wyse X10cj」(11.6インチモデル)と「Wyse X10j」(14インチモデル)を発売した。価格はオープン価格。

 「Wyse X10cj」「Wyse X10j」は、省スペースで移動性に優れたノート型シンクライアントに、Wyse ThinOSを搭載したことで、仮想デスクトップやクラウドをモバイル環境で快適に利用できる。「Wyse X10cj」は、シンクライアントの堅牢性とノート型ならではの高いモビリティを兼ね備え、フリーアドレスのオフィスや移動が多い職種での利用に適している。「Wyse X10j」は、オフィスではデスクトップモデル据え置き型として作業できるほか、モバイルで利用することもできる。

 Wyse ThinOSは、API非公開のセキュアな設計で、サイズも4MB程度なので、強固なセキュリティと高速な起動をモバイル環境で両立できる。一般的な汎用OSをカスタマイズして作成されたシンクライアント端末とは異なり、Wyseのファームウェアは、ファームウェアレベルで高度なセキュリティを確保しながら、ゼロコンフィグレーションでローカル設定やカスタマイズが不要になるため、低コストでハイパフォーマンスを達成している。

 「X10cj」は802.11a/b/g/n 2.4/5GHzデュアルバンド対応、「X10j」は802.11b/g/n 2.4GHzの無線LANを標準搭載していて、場所を問わずネットワーク接続を行なえる。稼働時の平均消費電力は11Wの省電力性を達成していて、バッテリ駆動最大約8時間で長時間作業を行なえる。外付けVGAモニタを接続することでデュアルモニタに対応できるほか、Webカメラ(解像度320×240ドット)やマイクも内蔵し、デスクトップと同等の機能を搭載している。Marvell ARMADA PXA 510 v7 1.0GHz SoCを搭載していて、重量は、「X10cj」が1.45kg、「X10j」が約1.8kg。


出荷日・発売日 2013年4月23日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「シンクライアント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

「シンクライアント」関連の製品

川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 【パラレルス】 利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS” 【横河レンタ・リース】 HP Moonshot HDI シンクライアントソリューション 【アクシオ】
シンクライアント シンクライアント シンクライアント
川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 ワークスタイル変革を掲げVDIを導入してもその効果を発揮できない企業も多い。そこで利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS”が注目されている。 HDI(Hosted Desktop Infrastructure)は、継続したパフォーマンスを提供できるハードウェア占有型のシンクライアントソリューション。ネットワーク分離用途にも適用可能。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046437


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ