NTT Com、マレーシアで4番目のデータセンタの建設を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Com、マレーシアで4番目のデータセンタの建設を開始


掲載日:2013/04/23


News

 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、4月18日にマレーシアにおいて4番目となる“マレーシア サイバージャヤ4 データセンター”の建設を開始すると発表した。

 同データセンタは、マレーシアの首都クアラルンプールの郊外にある総合開発地域マルチメディア・スーパーコリドーの中核都市サイバージャヤにて、総延床面積約5600平方メートル(1000ラック相当)を確保しており、2014年5月よりサービスの提供を開始する予定としている。

 NTT Comによると、マレーシアは地震、津波などの自然災害の影響が極めて少なく、電力料金が安価であり、ディザスターリカバリーやオフショア拠点、そしてアジアのシステムの集約先としてのデータセンタ需要が増大している。同社では、マレーシアで2002年よりデータセンタサービスの提供を開始していて、2012年4月に完成した“マレーシア サイバージャヤ3 データセンター”を含め現在3つのデータセンタが稼働しており、更に新たなデータセンタの建設を開始することとしたと伝えている。

 同社は同データセンタの特長として3つを挙げている。1つは、データセンタ国際基準“Tier III”に拡張可能であり、ユーザの要望に応じ柔軟に設備増設が可能なモジュラーコンセプトを採用して、建物を低層構造にすることで投資効率を高めていること。

 2つめは、同敷地内にユーザが利用可能なオフィスビルを併設しており、ユーザのリモートオフィスやバックアップサイトとして利用できるほか、複数言語に対応可能な保守サポート要員も同敷地内に常駐しているため、迅速な保守運用体制が備えられていること。

 3つめとして、信頼性に優れたネットワークコネクティビティが経済的に利用できることを挙げている。アジア地域を結ぶ新海底ケーブル“Asia Submarine-cable Express”が2012年に運用開始されており、マレーシアでもNTT Comの国際IPバックボーンを利用した高速・大容量なインターネット接続や、企業向けネットワークサービス“Arcstar Universal One”が、低遅延で信頼性のある国際ネットワークとして提供可能であるほか、これら全世界をカバーするネットワークサービスの通信設備(POP)が同敷地内に設置されているため、ユーザ機器からアクセス回線不要でバックボーンへ接続でき、経済的な利用ができるとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

サイバーリスク保険 【ファーストプレイス】 サイバーリスク保険 【ファーストプレイス】 ビジネスチャンスをつかむ糸口、「名刺」の正しいデータ活用法 【サンブリッジ】 「どこでも働ける」環境は損か得か? 調査で分かった間違えた思い込み 【ポリコムジャパン】 あらゆるリソースを自由に組み替えられる「コンポーザブル・インフラ」とは? 【日本ヒューレット・パッカード】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 SFA テレビ会議/ビデオ会議 垂直統合型システム
費用対効果で見るサイバー攻撃対策、リスクゼロを目指すよりも確実な選択肢は? IT事業者が損害賠償請求された場合、保険加入でどこまで補償されるのか? ビジネス活動の糸口となる名刺。社内共有の取り組みが盛んになってきたが、そこで満足する企業も多い。本来の目的である営業活動の最適化、売り上げ拡大に必要な視点とは。 「どこでも働ける」環境は損か得か? 調査で分かった間違えた思い込み あらゆるリソースを自由に組み替えられる「コンポーザブル・インフラ」とは?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046373



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ