日本ノーベル、サーバラック管理システムをインテルDCMに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ノーベル、サーバラック管理システムをインテルDCMに対応


掲載日:2013/04/23


News

 日本ノーベル株式会社は、DCIM Webアプリケーション「サーバーラック管理システムUnitPORTER.Navi」を、インテルData Center Manager(インテルDCM)を利用したパワーマネジメントに対応させる機能追加を行ない、「UnitPORTER.Navi」のオプション機能として7月1日に出荷を開始する。

 インテルDCMは、IT機器から直接、電力・温度をリアルタイムに取得できるほか、使用電力を制限する機能を備え、ノード・ラック・エリアごとに制限の範囲を設定できるミドルウェア。今回の「UnitPORTER.Navi」の機能追加では、計測機器を使用せずにサーバなどのIT機器から直接電力・温度を取得でき、リアルタイム監視と使用電力の動的な制限を行なえる。

 “パワーモニタリング”では、計測機器を使用せずに、IT機器単位で実際の電力と吸気温度をリアルタイムに監視できる。データセンタのサーバ・ラック・サーバグループ単位の監視を行なうことで、高負荷サーバ・遊休サーバの特定や、仮想サーバの配置計画の適正化を図れる。また、従来型計測機器からの情報も管理できるため、全方位的にリアルタイム監視を行なえ、IT機器の利用効率を適正に管理できるほか、継続的に可視化を図ることで、データセンタ全体のエネルギーコストの削減を図れる。

 “パワー・キャッピング”では、サーバ・ラック・サーバグループ単位で使用電力の動的な制限をかけられ、使用電力の上限をコントロールすることで、過電流発生時のブレーカートリップの防止を図れるほか、優先順位に沿ってサーバへの電力供給を行なうことで、有事の電源供給延命措置など、オペレーションを継続するための対策を行なえる。また、ラック内IT機器の高密度化や契約電力の見直しなどを行なうことで、コスト節減を図れるほか、アセット管理と組み合わせることで、アプリケーションの役割・使用用途・運用状況などから適切な電力プロファイルを導き出し、該当サーバの電力制限を行なうこともできる。


出荷日・発売日 2013年7月1日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 運用する時間がない……インベントリツール活用の不安を解消できる意外な選択肢 【ディーアールエス】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 運用する時間がない……インベントリツール活用の不安を解消できる意外な選択肢

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046367


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ