富士通、教職員の校務の負荷を軽減するクラウドサービスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、教職員の校務の負荷を軽減するクラウドサービスを発売


掲載日:2013/04/22


News

 富士通株式会社は、小中学校の教職員の校務作業の負荷軽減を図れ、安全な環境で児童/生徒のデータ活用を支援するクラウドサービス「FUJITSU 文教ソリューション K-12 校務支援」を発売した。価格は1校あたり月額1万5000円。

 「K-12 校務支援」は、手書きのテストの得点を自動で読み取る機能を搭載し、小計欄と合計得点欄の手書き数字を自動でデジタル化でき、テスト結果の入力/集計といった機能と連携できるため、作業負荷を軽減できる。クラウドサービスとして提供されるため、サーバなどのハードウェア機器の導入やシステム構築が不要で、初期費用を抑えられる。同社がシステム運用/保守/セキュリティ対応/データバックアップなどを行なうため、システム管理の負荷の軽減を図れる。また、データはクラウドに保管されるため、紙で保管されている指導要録が災害発生時に消失した場合にも対処できる。

 日々使用する機能を中心にメニュー化され、各機能ごとにテーマカラーで統一されている。蓄積されたデータは、通知表や指導要録の基礎データとしてそのまま活用できるため、データ転記作業の負荷を軽減できる。授業時数の進捗状況や欠席状況などもリアルタイムで確認できる。各種帳票は、印刷後押印を行なう運用と、画面で確認し回送する電子回送の運用の両方に対応している。

 法的に定められている指導要録/健康診断票について、他社製パッケージで作成されたデータとの連携を図れる、財団法人全国地域情報化推進協会(APPLIC)が規定した“教育情報アプリケーションユニット標準V1.0”に準拠し、オレンジマークを取得しているため、転入/転出時に学校間で受け渡される指導要録/健康診断票が将来電子化された場合にも、オレンジマーク取得済みのアプリケーション同士であれば、電子データで受け渡しできる。


出荷日・発売日 2013年4月19日 発売
価格 1校あたり月額1万5000円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046350


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ