IBC、最大3万項目を一括監視できる性能監視アプライアンスを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IBC、最大3万項目を一括監視できる性能監視アプライアンスを出荷


掲載日:2013/04/22


News

 アイビーシー株式会社(IBC)は、主に中小・中堅規模の企業や、自治体などの公共分野、各種学校や研究機関などの文教分野を対象に、システムの性能を監視するための機能をサーバにあらかじめ組み込んで提供する専用アプライアンス「System Answer G2 RAID Appliance」の出荷を5月中旬(予定)に開始する。

 「System Answer G2 RAID Appliance」は、マルチベンダ機器で構成される複雑なシステムの性能状況をきめ細かく把握できる「System Answer G2」シリーズの新製品で、システム性能監視ソフトウェア「System Answer G2 Enterprise Ware」をベースに、OS/ミドルウェア/DBなどのソフトウェア群がRAID構成のサーバにあらかじめ組み込まれていて、ネットワークにつなぐことですぐに性能監視を開始できる。1分単位という短い間隔で各機器の詳細な性能情報を取得して、障害の予兆をきめ細かく検出でき、運用管理者の不足やコスト面での制約から、統合的な監視システムの構築を進められなかった企業や自治体でも、容易に導入できる。

 監視ホスト数が100〜200で、中小規模のシステムを対象にしながら、監視項目数が3万項目に拡大され、従来以上にきめ細かい性能監視を行なえる。仮想化環境での性能監視にも、「Hypervisor監視機能オプション」を追加導入することで対応できる。また、ネットワーク管理の標準プロトコル“SNMP”で監視を行なう際に参照する機器の管理情報データ“MIB”がテンプレート化され、製品にあらかじめ装備されているため、性能情報の取得をブラウザとマウス操作で簡単に行なえる。

 標準機能として、レスポンスを監視してサービス品質の変動を把握する機能や、取得した性能監視データを学習して過去の傾向から大きな変動を検知する機能、取得した性能監視データの分析を補助する機能などを搭載し、システムの安定稼働に求められる障害予兆やキャパシティ管理に活用できる。「Hypervisor監視機能オプション」を利用することで、VMwareのvSphereで構築された仮想化システムの性能監視に対応し、ダッシュボード化された画面から、膨大な数のゲストOSの使用率を物理サーバと同じ目線で監視でき、複雑で監視対象が増大した仮想化システムでも障害検知の精度向上を図れる。

 価格は、最小構成(100ホスト/1万項目)で145万円(初年度ライセンス料込み)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 オンプレ環境をクラウドのようにスケールアップ――インフラコスト削減の秘訣 【日本ヒューレット・パッカード】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 クラウドのように柔軟なリソース拡張、オンプレミスの新たなIT消費モデルとは? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 ITIL運用の経験不足をツールでカバー、福岡空港に学ぶプロアクティブな保守運用 【クレオ】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
オンプレ環境をクラウドのようにスケールアップ――インフラコスト削減の秘訣 システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 クラウドの柔軟な拡張がオンプレミスでも 新たなIT消費モデルとは? ITIL運用の経験不足をツールでカバー、福岡空港に学ぶプロアクティブな保守運用

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046339


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ