富士通SSL、「OSSミドルウェアサポート・サービス」を強化/拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通SSL、「OSSミドルウェアサポート・サービス」を強化/拡充


掲載日:2013/04/18


News

 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、オープンソースソフトウェア(OSS)のミドルウェア製品を対象にした技術支援「OSSミドルウェアサポート・サービス」を強化/拡充し、提供を開始した。

 「OSSミドルウェアサポート・サービス」では、使用方法のサポートや、設定パラメータの解説、障害原因調査(ログ/ソースコード解析)、性能改善支援が行なわれる。

 今回の強化/拡充では、従来から対象にしているWebサーバ/APサーバ/DBサーバ/スクリプト言語/フレームワークに加え、クラウド基盤/運用監視/認証基盤/セキュリティなど60種類以上のOSSに対応範囲が拡大され、様々な要望に対応する。また、例えばPostgreSQLやZabbix、OpenAM/OpenLDAPといった、要望の多い各種OSSに対し、設計/構築/サポートをワンストップで提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「運用系業務アウトソーシング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「運用系業務アウトソーシング」関連情報をランダムに表示しています。

「運用系業務アウトソーシング」関連の製品

Office 365を業務現場に手間なくスムーズに定着させる方法 【マイクロメイツ】 「ウハウなし・専門家不在ではじめるAWS。導入や運用はどうする 【アイレット+他】 クラウド導入運用サービス For Microsoft Azure 【CTCシステムマネジメント】 複雑なIT環境で障害はつきもの 影響を最小化する構成要素分析 【日本アイ・ビー・エム】 御社製品の保守サポート、IBMに任せてみませんか? 【日本アイ・ビー・エム】
運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング
Office 365を業務現場にスムーズに定着させる方法――IT部門の手は煩わせない 「ノウハウなし」「専門家不在」ではじめるAWS、導入・運用はどう任せる? マイクロソフト社のパブリッククラウド「Microsoft Azure」を活用し、クラウド基盤のシステム構築から、運用・監視まで、移行を含めてワンストップで提供するサービス。 複雑怪奇なシステムインフラで、もし障害が起きたらどうする? ITベンダーの人手不足解消となるか――保守インフラサービスはどこまでできる?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046297


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 運用系業務アウトソーシング > 運用系業務アウトソーシングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ