IIJ、クラウドサービスをAzureとの相互接続に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IIJ、クラウドサービスをAzureとの相互接続に対応


掲載日:2013/04/18


News

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、クラウドサービス「IIJ GIO(ジオ)コンポーネントサービス」を、Windows Azure Platform(Azure)とのクラウド間相互接続に対応させた。

 「IIJ GIOコンポーネントサービス」は、企業の情報システム基盤として利用できる柔軟性の高いオーダーメイド型のクラウドサービス。「Azure」はマイクロソフトがインターネット経由でコンピューティングリソースを提供するパブリッククラウドサービス。

 今回の対応により、両社のクラウドサービス、更にパッケージやソリューションを連携させて、より柔軟なクラウド環境を利用できるようになる。例えば、ユーザが「IIJ GIOコンポーネントサービス」上に構築している会計システムと、「Azure」上に構築している受発注システムを連携させることで、業務の効率化を図るといった利用が可能になる。また、「Azure」のユーザが、「IIJ GIO」で提供されているDBサービスを使うなど、補完的にサービスを利用できる。

 「Azure」と「IIJ GIOコンポーネントサービス」間の通信は認証/暗号化される。「Azure」とのプライベートネットワーク接続に必要なルータはIIJから提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

“次世代iPaaS”で革新する、クラウドファースト時代のデータ管理術 【インフォマティカ・ジャパン】 SDDC構築の“最短経路” 「SDDC as a Service」を具現化したサービスとは? 【ディーネット+他】 クラウド基盤サービス NEC Cloud IaaS 【NEC】 Talend Studio 【Talend】 日本取引所グループはXTECH時代のITシステムをどう見ているか 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
“次世代iPaaS”で革新する、クラウドファースト時代のデータ管理術 「SDDC」は、中堅・中小企業こそが取り組むべき課題である。実際に構築するとなると、どのような手段を採用すべきなのか。具体像を探る。 高いコストパフォーマンス、高性能・高信頼が特長のIaaS。セルフサービスポータル画面から、ユーザー自身によりプロビジョニングや他社サービスまで含めた運用管理が可能。 AWSで構築するビッグデータシステム――低コスト分析基盤で顧客の好みを把握 日本取引所グループはXTECH時代のITシステムをどう見ているか

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046296


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ