採用:小林製薬、オラクルのERPパッケージを会計システムに採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:小林製薬、オラクルのERPパッケージを会計システムに採用


掲載日:2013/04/18


News

 日本オラクル株式会社は、オラクルのERPパッケージ「OracleE-Business Suite」が小林製薬株式会社と同社グループ会社向けの新会計システムとして採用されたことを発表した。

 小林製薬の会計システム刷新は、国際会計基準等の各種制度変更への早期対応と、海外展開の強化にともなうグローバル対応を目的としているという。

 選定においては、上記目的のほか、ビジネス環境の変化に対する柔軟性、メンテナンスを考慮したオープン性を評価し、1月に「Oracle E-Business Suite R12.1」を採用した。

 小林製薬では、同パッケージの一般会計機能“General Ledger”、売掛管理機能“Account Payable”、固定資産管理“Fixed Asset”、複数元帳・複数会計基準仕訳生成エンジン“Financials Accounting Hub”を利用し、グループの会計システムを統一するとしている。グローバル対応に加え、ガバナンスの強化、管理会計の高度化も期待しているという。

 同社の新会計システムの導入プロジェクトは、富士通株式会社が構築を担当する。日本オラクルは、オラクル製品を活用したシステムの構築手法について、同プロジェクトの円滑な推進を支援するとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】 BusinessACXEL 【電通国際情報サービス】 事例で見る、ERPの第三者保守への切り替えメリットとは? 【シーエーシー】 経営基盤ソリューション 『 SuperStream-NX 』 【スーパーストリーム】 プロセス製造業向けERPパッケージ「FlexProcess」 【NEC】
ERP ERP ERP ERP ERP
会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。様々な業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。 SAPをクラウド上で利用できる月額利用料型サービス。クラウドサービスというTCOに優れた形態で、SAP ERPのメリットを享受できる。 基幹系システムの保守は欠かせないものだが、コストは頭の痛い問題だ。ベンダー以外の事業者による「第三者保守」の可能性を、ユーザー企業の事例から探りたい。 ◎会計:完全Web対応の優れた操作性 / 日本の法制度に迅速に対応/多言語・多通貨によるグローバル対応
◎人事給与:高度なタレント管理、人材の適性配置・育成を実現
生産/在庫/原価管理に強みを持つプロセス産業(化学/素材/食品等)向けERPソリューション。オープンなAPIによる個別開発、他システム(SAP/BI/携帯端末等)連携が豊富。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046289


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ