矢野経済研究所、eラーニング市場に関する調査結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、eラーニング市場に関する調査結果を発表


掲載日:2013/04/18


News

 株式会社矢野経済研究所は、国内eラーニング市場について調査を実施したと発表した。

 調査期間は2013年1月〜3月とし、対象はeラーニングシステムやコンテンツの開発・構築・販売事業者、eラーニングを介した研修や講義を提供・運営する事業者(学習塾、語学学校、研修事業者など)、学習ソフトウェア開発・製作・販売事業者などで、調査方法は同社専門研究員による面接取材及び、電話・FAX・メールによるヒアリング、文献調査を併用している。

 同調査におけるeラーニング市場とはインターネットまたはイントラネットを利用した学習形態を対象とし、ゲーム機やPC向けソフトウェアを利用したものを除くとする。また学習コンテンツとしては、ビジネス、教科学習、語学、IT技術、資格取得、教養・雑学など幅広いジャンルを含むとしている。

 同社は調査結果をサマリーとして3つ発表している。1つは、2012年度の国内eラーニングの市場規模において、前年度比1.2%増の683億円と微増の見込んでいることである。法人向けB to B市場が微減推移である一方で、個人向けB to C市場は好調であるとし、こうした傾向が続くと予測している。

 2つめは、B to B市場はASP/SaaS/クラウド型サービスの普及や参入事業者の増加にともなう競争の激化などにより、ほぼ横ばいであるが、一方のB to C市場は格安の語学レッスンや、学習塾・予備校におけるeラーニングサービスの導入など学習コンテンツやサービスの多様化などを受けて個人利用者が増加、好調な推移を見込んでいることである。

 3つめは、2012年度の携帯電話(スマートフォン含む)とタブレットによるeラーニング市場規模は前年度比130.0%増の49億円で、そのうちB to Bが同147.1%増の42億円、B to Cが同62.8%増の7億円を見込んでいることである。モバイル端末普及にともない、法人、個人ともにeラーニング需要が活発化、今後も拡大が期待されるとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

シングルサインオン・統合認証基盤 IceWall SSO 【日本ヒューレット・パッカード】 統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】 DevOpsの応用でインフラを迅速化、注目手法「Infrastructure as Code」の始め方 【日本ヒューレット・パッカード】 データセンターの非効率性を解消、注目の次世代インフラを徹底分析 【日本ヒューレット・パッカード】 HCIの進化形「コンポーザブルインフラ」の仕組みを徹底解剖 【日本ヒューレット・パッカード】
シングルサインオン ERP 垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム
国内導入実績No.1※シングルサインオン製品
Office 365、Salesforce、GoogleApps等と認証連携(フェデレーション)が可能
OATH準拠のOTPソリューション、モバイルSSOも提供
会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。さまざまな業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。 DevOpsの応用でインフラを迅速化、注目手法「Infrastructure as Code」の始め方 データセンターの非効率性を解消、注目の次世代インフラを徹底分析 HCIの進化形「コンポーザブルインフラ」の仕組みを徹底解剖
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046284



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ