リトルソフト、グループスケジューラの新バージョンを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リトルソフト、グループスケジューラの新バージョンを提供


掲載日:2013/04/18


News

 リトルソフト株式会社は、SaaS「LSクラウド・ウェア グループスケジューラー」の新バージョンの提供を開始した。

 今回の新バージョンでは、タブレットPCへの対応を強化した新ユーザインターフェース“iGRS”が搭載され、Window RT/Android/iOS(iPad)という異なるOSのタブレット端末でも同一の操作性と機能性を備え、快適なタッチ操作で利用できる。また、“iGRS”は従来型PCからもマウス操作で同一の機能を利用できるほか、ドラッグ&ドロップでの日付・時刻設定もサポートされる。

 必要な情報を容易に把握できるタイムライン表示とカレンダー表示を中心に、利便性に優れた機能を簡単に利用できる。シンプルながら、スクリーンタッチでの快適な操作性と高い機能性を備え、ビジネスの効率化を図れる。

 また、大規模な組織でのスケジュール共有やイベント管理をサポートする機能が強化された。部門やグループの所属メンバーを一覧しながらイベント情報をスライド表示できる“タイムライン”に加え、タイムライン上の全メンバーの空き時間を容易に確認できる“空き時間表示”、特定メンバーをピックアップして登録できる“お気に入り作成”、各ユーザがアクセスできる部門や設備の範囲を制限できる“フィルタ設定”、組織全体や部署・店舗ごとに独自の休日を設定できる“休日設定”、コーポレート色やロゴ画像を適用できる“外観設定”、背景色と文字色のバリエーションが各64色になったイベント種類別“色分け表示”を利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

“ほぼ1情シス”のお悩み解決!グループウェア管理の負担を解消 【リスモン・ビジネス・ポータル】 クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】 サイボウズ ガルーン 4 【サイボウズ】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 新年度のグループウェア導入・見直しなら1ユーザー月額150円で! 【リスモン・ビジネス・ポータル】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
332万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。 サイボウズが得意とする使い勝手と数万名規模で安定して稼働する信頼性、きめ細やかな管理機能を兼ね備えた大規模向けグループウェア。最新版ではモバイル活用ニーズに対応 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 ユーザー数363万超のグループウェアdesknet's NEOのクラウド版。1ユーザー月150円(税別)でメール/スケジュール/ワークフローなど25機能が利用可能

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046274


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ