アクセラテクノロジ、業務コンテンツ管理/活用ツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アクセラテクノロジ、業務コンテンツ管理/活用ツールを発売


掲載日:2013/04/18


News

 アクセラテクノロジ株式会社は、エンタープライズサーチ「Accela BizSearch R4」のオプションで、ドリルダウン検索機能と検索利用画面を簡単に構築できる業務コンテンツ管理/活用ツール「Accela BizSearch R4 ドリルダウンポータル」を発売した。

 「ドリルダウンポータル」では、社内に大量に蓄積された業務コンテンツに対し、多次元のファセット(有用と思われる視点)からクリックで絞り込んで情報を探せるドリルダウン検索機能と検索利用画面を、容易に構築できる仕掛けを提供し、様々なコンテンツを対象に企業内検索ポータルを構築できる。

 RDBMS/Lotus Notes/SharePoint上に構築された業務システムでは、業務データを構成するDBのフィールド(文字列型・数値型各50項目まで)をドリルダウンの各ファセットにマッピングできるほか、ファセットにマッピングされた各フィールドを、格納されているデータの出現頻度順、または50音順に、絞込み項目一覧として見える化できる。また、検索用のキーワードを思いつかない場合も、興味のある絞込み項目を任意の順でクリックすることで0件ヒットを回避して、目的のコンテンツにすばやく到達できる。

 部門や全社で共用する大規模ファイルシステムの共用ファイルサーバでは、ファイルサーバ内のコンテンツ(Office文書・PDFなど)に対して、フォルダ階層の各名称を使用してファセットを自動生成でき、フォルダを階層順に辿らずに奥深くの階層からでも絞り込みを行なえ、検索性向上を図れる。“先頭5ページビジュアル表示”では、検索結果一覧で、PowerPointやWordなどの先頭5ページ分を表示でき、目的のコンテンツを判断できる。また、Office文書など電子ドキュメントに加え、画像や絵などのイメージ系ファイルもクリック操作で検索できる。

 これらにより、ファセットを使用した高度な検索ポータルを短期間・安価に導入できる。


出荷日・発売日 発売済
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データ検索ソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データ検索ソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データ検索ソフト」関連の製品

全文検索・情報活用システム QuickSolution 【住友電工情報システム】 高速全文検索システム REX-File・Finder 【寿精版印刷】 Neuron 【ブレインズテクノロジー】 データベース検索/更新ツール SkyLink 【イースト】
データ検索ソフト データ検索ソフト データ検索ソフト データ検索ソフト
20TBのファイルサーバを1台のサーバで高速セキュア検索できる全文検索システム。NotesやRDBに対応。サムネイル/ビューワ、共有タグ、Know-Whoで情報活用。 検索結果をイメージで見ながらファイルを探せる高速全文検索システム。ファイルサーバ、NAS、文書管理システムの検索エンジン、エンタープライズサーチとしても使用可能。 先端OSS技術(Apache Solr)を活用することで、コストメリットを高めつつ、セキュリティ/管理機能を補完することで、“企業向けに特化”した検索エンジン。 ノンプログラミングで使用できる、検索性・操作性に優れたデータベース検索/更新アプリケーション。様々なデータベースに対応。Webブラウザからもデータ検索を行える。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046272


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > データ検索ソフト > データ検索ソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ