採用:福助工業、SAP製品の全社導入を決定

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:福助工業、SAP製品の全社導入を決定


掲載日:2013/04/17


News

 SAPジャパン株式会社は、包装資材のメーカーである福助工業株式会社が、「SAP ERP」をはじめインメモリプラットフォームの「SAP HANA」、ビジネスデータの分析を行なう「SAP BusinessObjects」ソリューションなどSAP製品を全社的に導入することを決定したと発表した。

 福助工業は、ポリエチレン製品/紙製品/ラミネート製品/食品容器/不織布、これらを有機的に結合した複合事業を展開している総合パッケージメーカー。福助工業では、業務領域の拡大や製造工場の新展開など、状況の変化・要求に応じて社内システムの対応を行なってきたが、更なる事業の拡大・発展を支える情報基盤を築くため、2014年にホストコンピュータをはじめとする全社システムの刷新を決断したという。アプリケーションには、外部環境の変化や社内の要望に対して迅速に対応できる柔軟性・拡張性があり、将来の長期間に渡り安定した情報基盤を構築できるSAPアプリケーションを選択したとしている。海外展開に備えた、多言語・多通貨・他制度への対応済みであり、世界での実績を基にしたベストプラクティスを雛形として業務改革を推進できる点などを評価したという。

 福助工業は今後、「SAP ERP」をグループ統一基盤として情報の一元管理を行なうと伝えている。また、これまで現行の分析システム上に蓄積されてきた営業分析データを「SAP HANA」に移行し、「SAP BusinessObjects」ソリューションと連携させる予定である。これにより、基幹システムに蓄積されたデータとともに、スピードを上げて正確なデータ分析、経営戦略立案に役立つ情報提供を行なえる基盤として活用すると伝えている。同社では、システムの刷新によって、グループ全体での統合パッケージ利用共通化による可用性・信頼性の向上とトータル運用コストの削減、経営状況の早期把握による素早い経営判断、コストの見える化による収益性向上を目指すと述べている。

 なお、システムの導入及び構築は、株式会社アイ・ピー・エスが担当する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

中堅・中小企業向け基幹業務ERP MJSLINK NX-I 【ミロク情報サービス】 Plaza-i:輸出入貿易商社向けERPパッケージ 【ビジネス・アソシエイツ】 食品飲料業界の課題に特化、固有の業界ニーズに対応するERPは何が違うのか 【インフォアジャパン】 経営基盤ソリューション 『 SuperStream-NX 』 【スーパーストリーム】 Plaza-i:海外進出企業向けERPパッケージ 【ビジネス・アソシエイツ】
ERP ERP ERP ERP ERP
強力な管理会計機能を備えたERPパッケージ。
業務効率の更なる向上と知的生産の向上に寄与する仕組みを搭載。
シリーズとしての機能を継承しつつ約200の機能アップを実現。
輸出入・為替予約管理、案件別採算管理、ロット・シリアル等多様な在庫管理、複数拠点の複雑な物流が必要な専門商社業務に最適なERPパッケージ。【直販のみ】 食品飲料業界の課題に特化、固有の業界ニーズに対応するERPは何が違うのか ◎会計:完全Web対応の優れた操作性 / 日本の法制度に迅速に対応/多言語・多通貨によるグローバル対応
◎人事給与:高度なタレント管理、人材の適性配置・育成を実現
多通貨、バイリンガル表示・出力、複数会社管理、複数会計基準に標準対応した、ライセンス料金を気にせず事業会社がいくつでも追加できるERPパッケージ。【直販のみ】

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046268


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ