デル、モバイル管理アプライアンス「KACE K3000」を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デル、モバイル管理アプライアンス「KACE K3000」を出荷


掲載日:2013/04/17


News

 デル株式会社は、モバイル管理アプライアンス「KACE K3000」の出荷を開始した。最小構成価格は73万2650円から(配送料/税込)。

 「KACE K3000」は、管理が必要なデバイスの数と種類の増大に対処することを目的にした新製品で、企業のIT部門は、モバイルデバイスの管理を簡素化するオンプレミスのモバイル管理アプライアンスを介して、モバイルデバイスをサポートし保護するニーズに対処できる。

 システム管理機能を拡張し、iOSやAndroid OSを使用する企業/個人の双方のモバイルデバイスに対してセキュリティポリシーを強制適用する。「KACE K1000」システム管理アプライアンスと統合することで、PCやサーバ、モバイルデバイスを正確/効率的に追跡/監視/管理できる、統合された使いやすいソリューションが提供される。

 Dell WyseのCloud Client ManagerやDell MDMを含むデルのモバイル管理ポートフォリオに追加され、PCやタブレット、スマートフォン、シンクライアント、更により大規模なオンサイト管理対象サービスを含む、様々な種類のエンドユーザデバイスを管理できる。

 シングルステップの安全なセットアップで、すばやくデバイスを使用開始でき、デバイスに対するK3000エージェントのOTAプロビジョニングも含まれる。iOS 4/5/6搭載のiPhone/iPadや、Android 2.2以上を搭載するC2DM対応スマートフォンとタブレットを含む、一般の個人用スマートフォンやタブレットコンピュータをサポートする。また、デバイスのセキュリティ/ポリシー管理を備え、プロファイル管理や、デバイスのロックとロック解除、遠隔消去、工場出荷状態への遠隔リセットなどの機能を通じて、組織のデータを保護できる。また、簡素化されたアプリケーション管理で、企業独自のアプリケーションを企業のモバイルデバイスと個人用モバイルデバイスの両方にプッシュ配信できる。


出荷日・発売日 2013年4月16日 出荷
価格 最小構成価格:73万2650円〜(配送料/税込)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「MDM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「MDM」関連情報をランダムに表示しています。

「MDM」関連の製品

スマートデバイス仮想化基盤 Avast Virtual Mobile Platform 【日立ソリューションズ】 MDMからEMMへ、新たなスマートフォンの業務管理法 AirWatch 【ヴイエムウェア】 導入したMDMはペイできるのか? 費用対効果を徹底検証 【エムオーテックス】 モバイル活用に失敗する原因が分かる、最新の操作ログ管理 【エムオーテックス】 10業種23社の導入事例:MDMで業務はどう変わったのか? 【エムオーテックス】
MDM MDM MDM MDM MDM
スマートデバイスの活用、BYODの実現を支援する仮想化基盤ソリューション。スマートデバイス向け仮想化基盤により、情報漏洩リスクの軽減とデータの公私分離を実現。 スマートフォンやタブレットを活用する企業が増える中、その管理もより高度な内容が求められている。統合へ向かう管理ツールの未来とは? 企業が注目すべき潮流を探る。 分かりづらいMDMの費用対効果――コスト削減効果の計算法を公開 不正利用を突き止めろ! MDMのログ管理はここまで進化している! モバイルデバイスマネジメントの効率化 10業種23社成功事例

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046262


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > MDM > MDMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ