採用:ノーチラス、西鉄ストアの本部基幹システムを刷新

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ノーチラス、西鉄ストアの本部基幹システムを刷新


掲載日:2013/04/16


News

 株式会社ノーチラス・テクノロジーズ(ノーチラス)は、株式会社西鉄ストアの本部基幹システムの刷新を行ない、全面稼働を開始したことを発表した。

 西鉄ストアでは、従来の本部系システムは、老朽化が進行し、旧来の機能では変化する業務への対応が困難で、全面的にリプレイスすることが必要だったとし、今回、システムの刷新を行なったと伝えている。

 今回稼働したシステムは、オペレーションの水準をあげ、より細かいレベルでの利益管理を行なうために、個別原価法の仕組みを導入し、売上・売掛金管理システム、仕入・買掛管理システム、テナント管理システム、管理会計システムの4つのサブシステムから構成されている。

 同システムは、業務の生産性向上を行なうための機能を付加しており、これまでより粒度が細かいデータを大量に扱う必要があったことから「Hadoop」を利用し、開発の規模が大きくなることから、開発効率を向上させるために「Asakusa Framework」を利用しているという。

 「Asakusa Framework」は「Hadoop」上で大規模な基幹バッチ処理を行なうためのフレームワークで、オープンソースの分散処理基盤ソフトウェア。基幹バッチを簡単にかつ理解しやすい形で開発することが可能で、大容量データを多数のサーバで分散並列処理させて高速なデータ処理を可能にする。

 一方で、継続的に業務が深化してくことが想定されており、システムへの負荷が更にあがることが明確で、オンプレミスのハードウェアでは、パフォーマンス/可用性の両面から、効率的に稼働をまかなえなくなることが危惧されていたことから、投資可搬性の向上のために、オンプレミス環境からアマゾン ウェブ サービス(AWS)のクラウドサービス上に全面移行したと伝えている。

 西鉄ストアは、Hadoopを利用することで、従来では処理が終わらないと考えられる業務処理も可能になったとし、また、AWSを使用することにより、機器の調達から構築の短期化が可能となり、短期間での移行・運用が可能となったと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 【キリバ・ジャパン】 MJS_会計システムソリューション 【ミロク情報サービス】 国内外子会社の資金を可視化、為替リスクにも対応できる財務管理システムとは 【キリバ・ジャパン】 資金管理 決済ソリューション 「BankingGate」シリーズ 【NTTテクノクロス】 アンケート調査から見えた「失敗しない会計システム選び」の3カ条 【ミロク情報サービス】
会計システム 会計システム 会計システム 会計システム 会計システム
財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 会計システムへの不満はどこにある? アンケート調査で分かった製品選びのコツ 国内外子会社の資金を可視化、為替リスクにも対応できる財務管理システムとは リアルタイム送金を実現するBankingGate for ANSER-CLA、マルチバンク、システム連携でシームレスな資金管理を実現するBankingGate for eBAgentからなる決済ソリューション。 アンケート調査から見えた「失敗しない会計システム選び」の3カ条

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046239


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ