サイボウズ、グループウェア新版で“いいね!”ボタン機能等向上

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サイボウズ、グループウェア新版で“いいね!”ボタン機能等向上


掲載日:2013/04/16


News

 サイボウズ株式会社は、クラウド版/パッケージ版のグループウェアの新バージョン「サイボウズ Office 9.3」を発売した。

 今回の新バージョンでは、掲示板やメッセージに加え、報告書やカスタムアプリのコメント、プロジェクト掲示にも“いいね!”ボタンが配置され、クリック操作で読み手の反応を相手に伝えられるようになった。また、“いいね!”ボタンの文言のカスタマイズも可能になった。“確認しました”“了解です”“よろしくお願いします”といった業務に適した表現に加え、オリジナルの文言をボタンに追加できる。

 スケジュールを“予定メニュー”ごとに色分けでき、メンバー全員で予定の色を共有できる。例えば”外出予定の色”を決めておくことで、容易にその日の予定を把握でき、グループのメンバーが社内にいるかが直感的に分かる。また、クラウド版の「サイボウズ Office on cybozu.com」では、スケジュールをドラッグ&ドロップで操作できる“Cybozu Advance”を、アプリ一覧やパーツとしてトップページに表示できるようになった。マウス操作で簡単にスケジュールを調整できる。

 “プレミアムコース”で利用できるDB機能“カスタムアプリ”に新しい項目“カウントボタン”が追加された。例えば“カスタムアプリ”で作成したアンケートなどに回答する際に、アプリのレコード一覧や詳細ビューから直接クリックで回答できるため、利用者がより意思表示をしやすくなり、アンケートの回収率向上などを図れる。


出荷日・発売日 2013年4月15日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 複数グループウェア・SFA間のスケジュールを同期 「PIMSYNC」 【セゾン情報システムズ】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 グループウェア NICollaboSmart 【ソフトバンク コマース&サービス】 クラウド型グループウェア rakumo 【ソフトバンク コマース&サービス】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 複数のグループウェアやSFAのスケジュールやToDoを同期。同期項目やタイミングなども細かく設定でき、双方向の同期や、繰り返しスケジュールなど高度な同期にも対応する。 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 スケジュール管理、文書管理、ワークフロー、メール、掲示板(ナレッジ・コラボレーション)など豊富な機能を網羅したポータル型グループウェア。 クラウド環境で動作するオフィスツール群。「カレンダー」「コンタクト」「ワークフロー」「タイムレコーダー」「ボード(掲示板)」「ケイヒ」から必要なものを利用可能。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046235


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ