パロアルトネットワークス、マルウェア防御を国内DCで提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パロアルトネットワークス、マルウェア防御を国内DCで提供


掲載日:2013/04/16


News

 パロアルトネットワークス合同会社は、クラウドベースのマルウェア防御サービス「WildFire」を、NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)が運営する国内データセンタ(DC)を利用して提供開始した。

 「WildFire」では、実行形式ファイルを仮想環境で実行してその動作を観察することで、ファイルに潜む悪意のある活動を識別できる。これにより、マルウェアの特定のサンプルが実社会ではまだ見つかっていない場合でも、マルウェアを迅速/正確に特定できる。

 従来は米国データセンタで運営してきたが、今回、国内データセンタを利用して提供されることで、国外に機密性の高いデータを送信することに対してセキュリティや法的な懸念を持つユーザも利用できるようになった。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】 エフセキュア モバイル セキュリティ ビジネス 【ソフトバンク コマース&サービス】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】 セキュリティ担当者なら誰もが悩む「3つの課題」の対処法とは? 専門家が議論 【シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。 1988年から30年近くITセキュリティソリューションを世界中に提供しているエフセキュアのモバイルセキュリティ。既に10年以上の実績を持つパイオニア的存在。 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 インシデントにどう対処するか。社内の理解をどう得るべきか――。専門家のディスカッションを基に、セキュリティ担当者が抱く課題の解決策を探る。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046233


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ