富士通、デジタル映像の符号化LSIと伝送装置の開発で5名が受賞

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、デジタル映像の符号化LSIと伝送装置の開発で5名が受賞


掲載日:2013/04/16


News

 株式会社富士通株式会社は、富士通研究所、富士通セミコンダクター株式会社、富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社とともに、文部科学省が主催する“平成25年度科学技術分野の文部科学大臣表彰”において、“デジタル映像の符号化LSIと伝送装置の開発” で5名が科学技術賞(開発部門)を受賞したことを発表した。

 “文部科学大臣表彰 科学技術賞”は、国内の社会、経済、国民生活の発展向上などに寄与し、実際に利活用されている画期的な研究開発、もしくは、発明を行なった者を対象としているという。

 今回受賞したのは、富士通研究所 メディア処理システム研究所 部長の中川 章氏、富士通セミコンダクター アドバンストプロダクト事業本部 プロジェクト課長の大塚 竜志氏、富士通 セキュリティソリューション本部 第一技術部長の宮坂 秀樹氏、富士通研究所 プラットフォームテクノロジー研究所 主任研究員の渡部 康弘氏、富士通九州ネットワークテクノロジーズ 第一開発統括部の小林 俊輔氏。

 また、受賞者の中川氏、大塚氏、宮坂氏の3名は、公益財団法人 新技術開発財団が主催する“第45回市村産業賞”において“デジタル映像伝送装置の開発”で“貢献賞”をあわせて受賞したと伝えている。案件名は“デジタル映像伝送装置の開発”。

 両賞を受賞した技術は、人間の視覚特性を利用した“H.264対応高品位符号化・低消費電力符号化処理回路技術”、IP網でのデータ誤りを高い能力で訂正可能な“FEC+ARQハイブリッド誤り訂正技術”、及び複数の中継地点経由の映像伝送時に生じる色にじみを完全に抑止する“映像品質劣化抑止技術”を開発し、HD映像コンテンツを低レート・高品位・低コストで記録・伝送することを可能とする“H.264映像符号化LSI”及び“H.264業務用映像伝送装置”を実用化したもの。

 同技術は、PC、カメラ、レコーダなどの様々な民生機器に適用され、簡単に高品位なHD映像を楽しめるようになったとし、放送局では安価な公衆IP網経由でプロ用途のHD映像を低コストで伝送することが可能となり、幅広い分野においてHD映像の活用が可能となったと伝えている。



関連キーワード

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「未来のお客さま」を見つけ、育てる「フルファネルマーケティング」のすすめ 【AdRoll】 「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目 【AdRoll】 標的型攻撃対策で注目のデジタルフォレンジック、効果を最大化する先進技術とは 【富士通株式会社】 CAPEXだけでなくOPEXも削減、DB運用を意識したプライベートクラウド構築アプローチ 【日本オラクル株式会社】 もうデータベースアップグレードは怖くない 簡単、省コストにテストする方法とは 【日本オラクル株式会社】
CRM CRM その他ネットワークセキュリティ関連 統合運用管理 パフォーマンス診断
展示会などでリードを収集してナーチャリングし、営業案件へ育てていく。そんなB2Bマーケティングが、最近頭打ちになっているという。打開策はどこにあるのか。 「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目 標的型攻撃対策で注目のデジタルフォレンジック、効果を最大化する先進技術とは CAPEXだけでなくOPEXも削減、DB運用を意識したプライベートクラウド構築アプローチ もうデータベースアップグレードは怖くない 簡単、省コストにテストする方法とは
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046224



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ