アシスト、オラクルDBシステム新版に対応した支援サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アシスト、オラクルDBシステム新版に対応した支援サービスを提供


掲載日:2013/04/15


News

 株式会社アシストは、オラクルの高可用性DBとハードウェアを一体化したエンジニアド・システムの新バージョン「Oracle Database Appliance X3-2」(開発元:オラクル・コーポレーション)に対応した各種支援サービスの提供を開始した。

 「Oracle Database Appliance」では、「Oracle Database 11g Release 2 Enterprise Edition」を中核に、サーバ/OS/ストレージ、ネットワーク/運用管理ツールまで、DBインフラに必要な構成が1つのパッケージに統合されている。今回の新バージョンでは、処理性能/処理容量面で機能向上が図られている。アシストでは、設置から基本的な障害テストまでを行なう「環境構築支援サービス」、環境のバージョンアップを行なう「バージョンアップ支援サービス」、ハードウェアからOracle Databaseまで「Oracle Database Appliance」の構成要素に関する問い合わせ窓口を一本化する「DODAIコール」、Oracle Databaseのリアルタイム監視を行なう「iDoctor監視サービス」、標準的なサポートサービスに加え4段階の拡張サポートサービスを行なう「アシストあんしんサポート」の5つの支援サービスを対応させている。

 「Oracle Database Appliance環境構築支援」では、協力会社の技術担当が立ち会って現地設置を行なうほか、初期設定、動作確認、基本障害テストまでを行なう。「Oracle Database Applianceバージョンアップ支援」では、バージョンアップ計画策定や、バージョンアップ・モジュールの適用検証を行なうほか、バージョンアップ・モジュールの適用、動作確認までを行なう。「DODAIコールfor ODA」では、ハードウェア/OS/クラスタソフトウェア/Oracle Databaseに関する問い合わせ窓口を、24時間365日対応のアシストのサポートセンタで一元化する。

 「iDoctor監視サービス」では、DBの稼働状況を常時監視し、障害兆候や障害発生を迅速に検知する。24時間365日対応のアシストのサポートセンタから対処方法の連絡を行なう。「アシストあんしんサポート」では、標準のサポート・サービスでは困難だった高度なサービスを、「アカウント」「アドバンス」「プロアクティブ」「プレミアム」の4段階で提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046211


IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ