NTTコムウェア、国際標準に準拠した内部統制保証報告書を取得

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTコムウェア、国際標準に準拠した内部統制保証報告書を取得


掲載日:2013/04/12


News

 エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(NTTコムウェア)は、“東京データセンター”“埼玉データセンター”“京都データセンター”において、内部統制の整備状況・運用状況の適切性及び有効性を保証するための国際基準ISAE3402/米国基準SSAE16に準拠した内部統制保証報告書を取得したと発表した。

 保証報告書には、独立監査人が受託会社のシステムの記述書並びに記述書に記載された統制目的に関連する内部統制の整備状況について評価するType 1と、整備状況に加え運用状況について評価するType 2があり、Type1を“京都データセンター”で、Type2を“東京データセンター”“埼玉データセンター”で取得したという。保証報告書の取得は“東京データセンター”が2回目、“埼玉データセンター”“京都データセンター”は初めてとなる。

 保証報告書対象範囲は、データセンターサービスにおける物理的及び環境的セキュリティに関する内部統制となる。また、同保証報告書は、ユーザがNTTコムウェアへ委託した業務に関する内部統制監査などを代替できるため、ユーザの監査対応の業務が軽減できる。更に、NTTコムウェアのデータセンタを利用しているSaaS、PaaS事業者においても、各社のユーザ向けの監査対応負荷の軽減を図れる。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 【フォーティネットジャパン】 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 【フォーティネットジャパン】 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? 【フォーティネットジャパン】 UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには 【フォーティネットジャパン株式会社】
検疫 UTM 検疫 ファイアウォール UTM
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046172



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ