富士ソフト、NotesからSalesforceのマイグレーション自動化提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士ソフト、NotesからSalesforceのマイグレーション自動化提供


掲載日:2013/04/12


News

 富士ソフト株式会社は、Lotus Notes/DominoからSalesforceへのマイグレーションを自動化するパッケージ「オートマイグレーションfor Notes」の提供を6月3日に開始する。

 「オートマイグレーション for Notes」は、設計情報を抽出する「オートマイグレーションEngine」と、その設計情報を取り込んでSalesforce上に反映する「オートマイグレーションEditor」で構成されている。「オートマイグレーションEditor」は、株式会社テラスカイのSalesforce画面設計ツール「SkyVisualEditor」を採用し、両社で共同開発された。これらにより、従来取り組みが困難だったNotesからSalesforceへの自動マイグレーションを行なえ、より短期間、より低コストで対応できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「システムインテグレーション」関連の製品

「失敗しない開発会社の選び方」 開発会社への不満第1位は? 【発注ナビ】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 APIとは何なのか?注目を集めている背景から活用のヒントを探る 【CA Technologies+他】 IT開発会社を選ぶなら、無料相談の「発注ナビ」 【発注ナビ(アイティメディアグループ)】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション
データで分かる「失敗しない開発会社の選び方」――開発会社への不満第1位は? DevOpsの障壁となるレガシーインフラ コンポーザブルが現場を劇的に変える 自分たちの発想だけで新しいアプリやサービスを生み出すには限界がある。こう考える企業が増えている。カギを握るのは「API」だ。APIとは何なのか? 活用のヒントを探る。 システム開発…見積りだけで開発会社を選んで、うまくいく? 新概念“コンポーザブル・インフラストラクチャ”でIT部門はどう変化する?

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046166


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ