JPIXなど、アドレス枯渇問題に対応する技術の国際標準文書を発行

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JPIXなど、アドレス枯渇問題に対応する技術の国際標準文書を発行


掲載日:2013/04/11


News

 日本インターネットエクスチェンジ株式会社(JPIX)は、NECアクセステクニカ株式会社、T-Mobile USA,Incと、IETF(The Internet Engineering Task Force)に対して共同提案を行なっていた“464XLAT”技術が国際標準文書(RFC 6877 "464XLAT:Combination of Stateful and Stateless Translation)として正式に発行されたと発表した。

 3社が共同提案を行なった“464XLAT”技術は、既存の国際標準技術であるRFC6145(IP/ICMP Translation Algorithm)とRFC 6146(Stateful NAT64:Network Address and Protocol Translation from IPv6 Clients to IPv4 Servers)を組み合わせたIPv4アドレス共有技術の1つであり、IPv6のみで構築されたネットワーク上でIPv4サービスを提供可能とする技術である。

 同技術はトランスレーション(プロトコル変換)技術を用いているため、IPv4/IPv6混在期に必要となるIPv4、IPv6プロトコル間の通信を可能にする際にも、機能拡張することで容易に可能といったメリットもあるとしている。なお、同技術は、JPIXが2010年7月から実験サービスとして提供を行なっている「IPv6v4エクスチェンジサービス」で得られた知見を基に3社により提案を行なったという。

 JPIXでは、「IPv6v4エクスチェンジサービス」の正式サービス開始に向けて準備を進め、引き続き、ISPでの“IPv6サービス対応”のサポートに取り組んでいくとしている。

 NECクセステクニカでは、“464XLAT”技術を搭載したホームゲートウェイを「IPv6v4エクスチェンジサービス」向けに提供しており、今後は国内外の他の通信事業者様に対しても同技術を搭載した製品の提供を検討していくとしている。



「日本インターネットエクスチェンジ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】 マルチチャネル時代に生きる、コールセンターの新たなCRM戦略 【バーチャレクス・コンサルティング】 ビジネスアナリティクス活用の課題は? 8つの指標で成熟度をチェック 【SAS Institute Japan】 顧客に最適なプランを通話中に生成――提案の受け入れを10倍にした分析手法とは 【SAS Institute Japan】 「在庫最適化システム」が抱える課題、販促時の大幅な需要変動にどう対応する? 【SAS Institute Japan】
CRM CRM データ分析ソリューション データ分析ソリューション 在庫管理システム
データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。 コールセンターの顧客接点は電話やメールだけにとどまらない。顧客にまつわる情報共有を強化し、企業のCRM戦略に生かすためにはどのような環境構築が必要となるのだろう。 ビジネスアナリティクス活用の課題は? 8つの指標で成熟度をチェック 顧客に最適なプランを通話中に生成――提案の受け入れを10倍にした分析手法とは 「在庫最適化システム」が抱える課題、販促時の大幅な需要変動にどう対応する?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046130



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ