ISID、スマートフォン・タブレット向けエリア限定放送実験に成功

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ISID、スマートフォン・タブレット向けエリア限定放送実験に成功


掲載日:2013/04/11


News

 株式会社電通国際情報サービス(ISID)は、株式会社モビリティランドの協力のもと、鈴鹿サーキットで行なわれた“第25回モータースポーツファン感謝デー”において、一般来場者を対象としたスマートフォン及びタブレット端末向けエリア限定放送の実証実験を行ない、大規模イベント会場内の比較的広範囲においてエリア限定放送を実施できることが実証されたと発表した。

 今回の実験では、鈴鹿サーキット敷地内の展示・物販エリアに、無線LANNの電波を用いて観客席の大型ビジョンと同一のコンテンツを配信したという。同実験にあたっては、無線LANによるIPv6マルチキャストを利用して、Android端末やiPhone、iPadに映像・音声・テキストを同時配信する、ISID独自の放送技術を採用したという。

 マルチキャストとは、1つの送信点から特定の複数受信点に同一内容のパケットを送信する場合に利用する技術。エリア内の4ヵ所にアンテナを設置し、各アンテナ間の電波環境を適切に構築することにより、同社の技術を用いたエリア限定放送実験としては広い約200メートル四方への配信に成功したと伝えている。

 実験のポイントとして、アンテナを複数設置することにより、1つのアンテナではカバーしきれない広範囲に配信したこと、iOS端末とAndroid端末への同時配信、大型ビジョンと同一の映像・音声に加えて、字幕・静止画・テキスト情報を配信したこと、無線LAN電波が届く特定エリアのみへ配信したことを挙げている。

 サービス面の成果として、実験に参加した来場者へのアンケート及びヒアリングの結果から、配信された映像の鮮明さや、専用アプリをダウンロードすることで放送を受信できる容易さなどが特に高い評価を得たことが分かったとしている。また、イベント会場のどのような場所でどのようなコンテンツ配信が求められるかなど、サービス化に向けたユーザニーズを広く収集することもできたと伝えている。

 同実験では、ISIDが技術統括を担当して、エリア限定放送システムならびに専用アプリの検証を行ない、株式会社NHKエンタープライズと株式会社ビッグタウンズは企画・運営を担当した。配信機材はシスコシステムズ合同会社より提供されたほか、機材設置は住友電設株式会社、技術運営は株式会社アクタスソフトウェアの協力を受けて実施された。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の4大課題解決法 【セールスフォース・ドットコム】 見込み客獲得型オウンドメディアの立ち上げ方 【イノーバ】 BCP/DR対策 他、課題解決に直結するITインフラ最適化 【日本ヒューレット・パッカード+他】
BI 認証 開発環境/BaaS CMS サーバー仮想化
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? 脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法 Webの売り上げ・問い合わせ向上、見込み客獲得型オウンドメディアの立ち上げ方 サーバ仮想化からBCP/DR対策まで、課題解決に直結するITインフラ最適化
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046126



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ