Kaspersky、2月のスパム概況、スパマーたちが仕事に戻ると発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Kaspersky、2月のスパム概況、スパマーたちが仕事に戻ると発表


掲載日:2013/04/10


News

 ロシアKaspersky Lab(Kaspersky)は、2月にメールトラフィック内のスパムの割合が大きく増加したと発表した。

 Kasperskyのデータによると、メールトラフィック内のスパムの割合は、およそ13ポイント増加して月平均71%となった。これは、1月の平均、および2012年の最後の3ヵ月の平均よりも多い割合だという。同社は、おそらく1月は正月休みで、スパム配信用ボットネットに使われていた多くのPCが停止していた反動だとの推察を伝えている。メールアンチウィルスによる検知率の割合ランキングでは、イタリアが9.4ポイント増えて月平均14.4%となり、長期間首位であった米国を2位に追いやったとしている。

 メール経由でマルウェアを配信する方法としては、様々な金融機関を騙って偽の通知メールを送信する方法が最も多く見受けられたと伝えている。なかでも、メール経由で拡大するマルウェアランキングで2月に2位になったTrojan-Banker.HTML.Agent.pは、特にイタリアで多く用いられたとしている。このトロイの木馬プログラムは有名な銀行や電子決済システムの登録フォームを装ったHTMLページの形で配信され、フィッシング詐欺師たちはそこからオンラインバンキングシステムのユーザログイン情報を盗もうとするという。

 また、現在Googleの名を騙ったメールが大量に配信され始めていると伝えている。このメールには、“現在あなたの履歴書を審査中です”と書かれていて、取り違いを避けるために、添付ファイルを開いて履歴書の内容が正しいかチェックするようにと書かれているという。この添付ファイルはZip形式のファイルで、ユーザのPCからパスワードなどの個人情報を詐取するためのマルウェアが格納されていたと伝えている。

 一方、スパムの発信源の分布には大きな変化があり、ヨーロッパのユーザに対するスパムの送信国ランキングでは、韓国が首位だったとしている。韓国発のスパムの割合は27.7ポイント増加して、50.9%となり、前月首位だった中国(3%)は、36.6ポイント減少して6位にまで後退したという。これら2つの国のシェアが大きく変わったのは、スパマーグループが配信に利用するボットネットを切り替えたのが原因ではないかと見ていると伝えている。

 世界全体を見た場合、2月には米国が最大のスパム送信国となり、中国からのスパムの割合は半減して2位に後退、1月と同様に3位は韓国だったとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「Skype for Business」の課題を解消、高音質・低価格の電話会議システムとは? 【ソフトバンク】 導入コスト・通話料金がお得な「電話会議サービス」って? 【ソフトバンク】 顧客との急な打ち合わせにも対応できる「自由なビデオ会議サービス」の可能性 【ソフトバンク】 接続先を選ばない「次世代ビデオ会議システム」を安価に活用する方法 【ソフトバンク】 「ハイパーコンバージドインフラ」に関するアンケート 【ヴイエムウェア株式会社】
Web会議 Web会議 Web会議 Web会議 垂直統合型システム
「Skype for Business」の課題を解消、高音質・低価格の電話会議システムとは? 導入コスト・通話料金がお得な「電話会議サービス」って? 顧客との急な打ち合わせにも対応できる「自由なビデオ会議サービス」の可能性 接続先を選ばない「次世代ビデオ会議システム」を安価に活用する方法 Amazonギフト券が当たる「ハイパーコンバージドインフラ」アンケート
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046101



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ