BSIジャパン、環境マネジメントシステムISO14001認証をIIJに授与

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


BSIジャパン、環境マネジメントシステムISO14001認証をIIJに授与


掲載日:2013/04/10


News

 BSIグループジャパン株式会社(BSIジャパン)は、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)の“松江データセンターパーク”に対して“ISO14001に基づく環境マネジメントシステム(EMS)”認証を授与したと発表した。

 ISO14001は、環境マネジメントシステム(EMS)国際規格であり、組織が顧客、社員、株主などのステークホルダーに対して環境への配慮を約束し、環境への影響やリスクをより適切に管理していることを示す基準。

 IIJはインターネットプロバイダで、2011年4月に開設した松江データセンターパークでは、商用のデータセンタにおいて外気冷却方式のコンテナモジュールを使用し、省電力化・エコロジー化を達成した。

 IIJは、松江データセンターパークにおいてISO14001認証を取得(適用範囲の拡大による)したことにより、各種の環境リスクなどの経営上の重要課題に適切に対応しつつ、環境パフォーマンスの向上を図りながら、組織の持続可能な発展を継続できる管理体制が構築されていることが示されたという。

 今回の認証取得の目的として、IIJは、省電力などに取り組み環境負荷を最小限にすることを社会的責務と考えており、ISO14001認証の取得を通じて、各種の環境改善活動を実施して、データセンタの消費電力低減やPUE改善を推進し、かつ“従業員の環境負荷低減への意識付け”を高めたいと考えていると述べている。

 ISO14001の構築・認証の利点に関しては、すでにコンテナモジュール“IZmo”の管理システムでオペレーションの省力化が行なわれており、データセンタの消費電力が低減された点と環境負荷低減のための施策が、データセンタ事業の競争力強化に繋っているという。同システムをビル型データセンタの管理にも用いることで、サービス競争力の強化を図る予定であるとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

DevOpsでビジネスにスピードと信頼性を、運用自動化のベストプラクティスは 【ネットワールド】 業務システム用クラウドサービスの選び方――海外サービスとの比較、他 【ビッグローブ】 中堅・中小企業でも何とかなる、会計システムのクラウド移行“最適解” 【ビッグローブ株式会社】 Dell EMC VxRail HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)ソリューション 【DELL EMC】 Dell EMC VxRail HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)ソリューション 【DELL EMC】
DevOps IaaS/PaaS IaaS/PaaS 垂直統合型システム 垂直統合型システム
ビジネスのスピードを上げるには、開発と運用が連携してシステム開発を進める「DevOps」の実践が大きな鍵となる。その実現には運用自動化ツールが欠かせない。 業務システム用クラウドサービスの選び方――海外サービスとの比較、他 中堅・中小企業でも何とかなる、会計システムのクラウド移行“最適解” ハイパーコンバージド徹底検証:仮想化導入はどこまで容易になるのか? ITも競われる国際ヨットレース、勝利の鍵を握るハイパーコンバージド製品は?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046098



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ