ラネクシー、画像処理SDKのActiveX版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ラネクシー、画像処理SDKのActiveX版を発売


掲載日:2013/04/09


News

 株式会社ラネクシーは、ActiveXコントロールを利用した高速な画像処理ソフトウェアの開発を可能にする、米国Accusoft社が開発した画像処理SDK(ソフトウェア開発キット)の新版「ImageGear Professional V17 ActiveX版」を発売した。

 「ImageGear Professional SDK」は、Visual Basic/Visual Studioでも使用できる、アプリケーション開発者向けの高速画像処理コンポーネント。今回「ActiveX版」が発売されたことで、ActiveX開発環境で「ImageGear Professional V17」の新機能を利用できるようになった(32ビットのみ対応)。

 DICOMデータ辞書が2009標準にアップデートされたほか、新しいデジタルカメラRAWファイル形式と、200以上のデジタルカメラ用ファイル形式に対応している。新しいPDF標準にも対応した。また、JPEG2000の解凍が40%高速化された。

 価格は、「ImageGear Professional V17 ActiveX 英語版」が34万5000円、「DICOMGEAR Proffesional V17 ActiveX 英語版」が45万9000円。


出荷日・発売日 2013年4月8日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 【アイエンター】 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 【アイエンター】 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 【アイエンター】 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? 【アイエンター】
その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連
AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは?

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046080


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ