採用:北日本放送、ストレージ基盤にNetApp FASシステムを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:北日本放送、ストレージ基盤にNetApp FASシステムを採用


掲載日:2013/04/09


News

 ネットアップ株式会社は、北日本放送株式会社が同社のの仮想デスクトップ基盤を支えるストレージ システムにNetApp FASシステムとネットアップのストレージ管理ツールを導入したと発表した。

 北日本放送は、富山県を放送対象地域とするラジオ・テレビ局として、地上デジタル放送やハイビジョン番組に取り組むとともに、サーバ仮想化やデスクトップ仮想化など、ITソリューションの導入も行なっている。同社では、業務系サーバやクライアントPCの増加による運用管理負荷を軽減するため、サーバ仮想化によるサーバ統合や、デスクトップ仮想化に取り組んでいた。しかし、拡張を続けるITシステムを数少ないIT担当者で担当することによる運用管理負荷の増大や、更なるデータ保護対策の導入による可用性の向上を課題としていた。

 そこで同社は、様々なストレージ製品を比較・検討した結果、主要な仮想化ソリューションと親和性が高く、マルチプロトコルでの接続やデータ重複排除機能にも対応したNetApp FASシステムを選択したとしている。同システム採用の主なメリットは4つあるとしている。

 1つめは、NetApp OnCommand管理ソフトウェアや充実した設定マニュアル、使いやすいGUIベースの管理ツールなどを活用することで、ストレージの導入・設定を簡素化できる点、2つめは、データ重複排除機能であるNetApp Deduplicationを活用することで約50〜70%の重複排除率を達成し、システム全体のパフォーマンスと運用管理やハードウェアのコスト効率を最適化できる点。3つめは、少ないIT管理者でもクライアント環境の運用管理を効率的に実行できる点と、4つめは、ネットアップのデータ保護機能により、仮想デスクトップ基盤の可用性と堅牢性が向上できる点を挙げている。

 北日本放送では、中長期的にNetApp FASシステムの利用範囲をDB環境などにも広げる予定で、NetApp FASシステムの導入を検討しているという。また、今後も拡大が見込まれる仮想サーバや仮想デスクトップのストレージ基盤にも、ネットアップ独自のスケールアウト型アーキテクチャを搭載したNetApp FASシステムを導入する予定であると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は? 【日本アイ・ビー・エム】 Watson活用成功のカギを握るストレージ技術とは? 【日本アイ・ビー・エム】 1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ 【日本アイ・ビー・エム】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は? AIの活用はストレージの革新から始まる、そのワケは? Yahoo JAPANの挑戦に学ぶ、大容量データのバックアップ手法 SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方 SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046077


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ