採用:日本HP、ライオンの基幹業務資産をオープン環境へ全面移行

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:日本HP、ライオンの基幹業務資産をオープン環境へ全面移行


掲載日:2013/04/09


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、ライオン株式会社のメインフレーム上の基幹業務資産をオープン環境へ全面移行したことを発表した。

 ライオンは、日本HPが提供するアプリケーションモダナイゼーションサービスにより、少ないコスト、期間、リスクで、大規模な基幹業務システムのオープン化を可能にしたという。アプリケーションモダナイゼーションサービスとは、メインフレームなどのレガシーシステムを、オープンな技術を用いたシステム基盤へ移行・再構築するためのサービス。

 ライオンでは、部門業務の高度化や変化対応力の強化を支援し効率化を進めるために、メインフレームを見直し、基幹業務システム全体をオープン環境に移行することを決断し、2008年に次期システム構想の検討に着手したという。

 2009年には、メインフレーム上で稼働していたサブシステムの8割に関してはマイグレーション、残り2割を再構築するという方針を決定し、方針決定後は、メインフレーム上の既存資産を約3ヵ月間かけて調査・アセスメントを実施し、不要な資産を整理することで、移行資産を約半分に減らしたと伝えている。

 移行作業は、2010年2月からスタートし、移行計画に基づき、x86サーバ上の仮想環境で稼働するLinuxベースのオープンホスト環境が構築され、メインフレーム資産が移行されたとしている。そして、テスト環境構築後の2011年末、並行稼働テストがスタートし、2012年夏、すべての問題点が解消され、オープン環境上の基幹業務システムが完成したと伝えている。

 オープン環境上の基幹業務システムは、日本HPが提供したサービスと、ソリューションの導入効果などにより、システム維持運用コストの削減と、処理能力の改善を可能にし、安定稼働をしているという。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046073


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ