日本HP、OEMビジネスパートナーの支援プログラムを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、OEMビジネスパートナーの支援プログラムを発表


掲載日:2013/04/05


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、x86サーバ「HP ProLiant」をベースに事業展開を図るOEM ビジネスパートナーを専用モデル、各種サービスで支援する「HP Converged OEMプログラム」を発表した。

 「HP Converged OEMプログラム」は、「HP ProLiant」をプラットフォームに、自社のソフトウェア、ハードウェア、サービスと統合し、エンドユーザに再販売するOEMビジネスパートナーを対象とした支援プログラム。従来のグローバルアカウント契約に加え、新たに長期保証が設定された「HP ProLiant OEMファミリー」の調達、ブランド変更などのカスタマイズ・サービス、英語対応可能な専用コールセンタサービスなどのプログラムで同パートナーを支援するという。

 同プログラムの活用で、OEMビジネスパートナーは、自社でシステム開発するより迅速で低コストなシステム販売ができるほか、HPの品質基準の保証とHPの保守サポートを受けられるため、高品質なシステム開発と安定した運用環境を構築できるほか、自社ブランドに変更できるため、自社のCI/ブランド戦略に沿ったシステム開発、販売ができるという。

 日本HPでは、同プログラムを主に製造業、サービスプロバイダ/データセンタ事業者、ソフトウェアベンダの3つの業種を対象に事業展開を図るとしている。

 製造業では、医療、通信、印刷、半導体製造、監視システム、放送/映像機器などにおける組込ソリューションの事業展開を支援する。サービスプロバイダ/データセンタ事業者では、海外にデータセンタを設置し、当該市場でサービス提供を考えるOEMビジネスパートナーや、ホスティングサービスにおいて顧客のアプリケーションの長期保証・使用ができるサーバプラットフォームを求めるパートナーを支援する。ソフトウェアベンダでは、自社製品とHPハードウェアを組み合わせアプライアンス製品として事業展開を図るビジネスを支援するとしている。

 なお、同ビジネス展開にあたり、日本HPでは市場開発部門としてストラテジックパートナー営業統括本部内にOEMビジネス推進部を新設した。同部門を中核に、日本HPのセールスエンジニア部門、製造部門、製品企画部門、保守・サービス部門からなる専任の社内横断タスクチームを編成し、今後の事業展開にあたると伝えている。



関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

SSOcube 【ネットスプリング】 店舗検索システム GOGA Store Locator 【ゴーガ】 マイクロソフトが自ら実践、「デジタル変革」の全体像とは 【日本マイクロソフト】 ProPlus for C-x 【プロシップ】 ProPlus固定資産システム 【プロシップ】
シングルサインオン その他WEB構築関連 CRM 会計システム 会計システム
シングルサインオン、ID管理・認証機能まで、オールインワンで実装したシングルサインオンアプライアンス。
◎低コスト化を実現、導入・運用管理も容易。
Google Maps APIを利用し、企業がWebサイトで利用する店舗検索コンテンツを容易に作成、メンテナンスできるクラウドサービス。 マイクロソフトが自ら実践、「デジタル変革」の全体像とは 「固定資産管理システム」統合事例:グループ全体の最適化で効率化とコスト削減 グローバル事業の会計基準を統合――事例に学ぶIFRS対応を進める効果的な方法
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046001



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ