採用:アマダ、生産管理システムをB-EN-GのERPパッケージで刷新

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:アマダ、生産管理システムをB-EN-GのERPパッケージで刷新


掲載日:2013/04/04


News

 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(B-EN-G)は、金属加工機械総合メーカーである株式会社アマダが、B-EN-Gの国産ERPパッケージ「MCFrame」を、2012年2月に日本国内、同年11月には北米にて導入し、安定稼動していることを発表した。

 「MCFrame」は、きめ細かな管理に対応し、各種機能を備える生産管理、販売管理、原価管理システム。様々な標準機能と、コアコンピタンスにつながる各社固有の業務プロセスに、柔軟かつ効率的に追従できるフレームワーク構造である。

 アマダは、「MCFrame」の採用理由として“基幹業務システムが企業活動の根幹を担うものであり、その将来性、事業変革に貢献できるシステムかどうかの観点から、ホスト継続、パッケージの導入案をそれぞれ評価した。 既存システムは、稼動から30年経過し、レガシー技術者の高齢化、属人化が課題であり、今後のグローバル化対応(環境変化)にシステムが追従できない。そこで、短期導入が可能で、自社でも保守可能なパッケージを選定することとした”と述べている。なお、富士通株式会社が今回のパッケージ導入支援を行なった。

 アマダは、2013年2月20日に米国カリフォルニア州(ブレア市)に北米の製造拠点となる板金加工機械の新工場を完成させ、オープンした。この北米拠点においても国内システムをベースに「MCFrame」を5ヵ月で導入したとしている。また、3月下旬にはアマダの中国拠点でも稼動を開始し、順次海外拠点への導入を予定しているという。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

トヨタ式でプロセス改善、物流管理を加速する情報システム刷新 【インフォアジャパン】 中堅・中小企業向け基幹業務ERP MJSLINK NX-I 【ミロク情報サービス】 製造業の情報連携に必要な4つのステップ――自動車業界の場合 【インフォアジャパン】 FutureStage 商社・卸向け販売管理/財務会計・管理会計システム 【日立ソリューションズ】 GRANDIT 【GRANDIT】
ERP ERP ERP ERP ERP
情報システムが変える物流管理――現場の声が生かせる手法とは 強力な管理会計機能を備えたERPパッケージ。
業務効率の更なる向上と知的生産の向上に寄与する仕組みを搭載。
シリーズとしての機能を継承しつつ約200の機能アップを実現。
品質低下、ストライキ、不正……海外拠点の問題を解決する仕組み作りのススメ パッケージとスクラッチ開発のメリットを併せ持つ、卸売業・商社向け『販売管理・財務・管理会計の統合ソリューション』。
事業モデルに応じ、テンプレートを提供可能。
経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費モジュールで構成された完全WEBの次世代ERP。ワークフロー、通知機能、BIを装備し内部統制を支援。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045981


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ